辛いダイエットとはおさらば効果的に痩せれる免疫の作り方

ダイエットをしたら病気がちになったり、からだのどこかに不都合が出たり、という話を聞きます。これは、正しいダイエット法をとらずに栄養バランスが急激に崩れた結果、からだの抵抗力が落ちた結果だと言われます。抵抗力が落ちると、免疫力も落ちます。そこで、免疫力を落とさずにダイエットをして痩せる方法に、関心が集まってきます。

スポンサーリンク



免疫

腸を健康にすれば、痩せて免疫力を向上させられると言います。腸は、食べ物を体に吸収して栄養にする重要な役割を持っていて、体に悪い老廃物を体外に排泄しています。

古くなった老廃物が無くなれば、新しい細胞が出来て入れ替わる新陳代謝が盛んになります。正しい排泄を繰り返すことで、細胞も若返ると同時に、からだの機能も老化せずに若返ってくるのです。菌やウイルスや、がん細胞と戦う免疫細胞もまた元気になって、活発に血液やリンパ液と共に体中を巡ることになります。
免疫

なぜなら、体中の免疫細胞の約60%から70%は腸で作られて腸に集中しているからです。また、腸は自律神経を調節する働きも持っていますから、健康な腸は自律神経を活性化して基礎代謝を上昇させ、運動をしないときでも消費するエネルギーが増えてきます。消費エネルギーが増加すれば、痩せる効果も出てきます。

スポンサーリンク

痩せる免疫の付けるための5つのこと

腸を健康にすれば、免疫細胞と自律神経が活性化して、若返り、免疫力がアップし、そして痩せることができます。それには、決まった時間に食事をとる事が大切です。

腸内を整えて、免疫細胞を活性化すること

ダイット中もヨーグルトなどから乳酸菌やビフィズス菌を摂って善玉菌を増やし、大豆やさつまいも、ゴボウなどの植物性の食品や、納豆や味噌といった発酵食品も効果的だと言われます。

正しい体温を保つこと

体温が1℃ 下がっただけでも、免疫力は大幅に低下します。運動不足や自律神経の乱れ、食生活が主な理由で、体温が低くなります。適度に体を動かして、規則正しい生活や体を冷やさない食べ物をとるようにしましょう。

睡眠不足を避けること

免疫物質をつくったり新陳代謝を活性化する成長ホルモンは、夜10時ぐらいから分泌し始めて、ピークは深夜2時頃だと言われます。ですから、過労や睡眠不足の状態が続くと、免疫力を弱めます。成長ホルモンが減ると基礎代謝も低下して、太りやすくなるそうです。

栄養のバランスを取ること

筋肉や内臓などの基本成分のタンパク質は、ホルモンや神経系を働かせるためにも欠かせません。肉、魚、卵、大豆食品のどれかを毎日必ず摂るようにしましょう。

痩せる食生活習慣

腸を健康には、毎日の生活習慣がとても大切です。基本は、早く食べないこと、腹八分目で抑えること、腸を冷やさないこと、規則正しく食べること、となっています。

スポンサーリンク

辛いダイエットとはおさらば効果的に痩せれる免疫の作り方
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事