ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

警視庁オフロードバイク導入で災害時どう変わる

東日本大震災の教訓によって、警視庁は手始めとして機動性に優れたオフロードバイク10台を、白バイとして交通機動隊に配備しました。ただし、一般的な白バイのような交通取り締まり機能は装備されていないようです。

スポンサーリンク

オフロードバイク導入でどう変わるか

2014年3月25日にオフロードタイプの白バイが、全国で初めて警視庁に導入されたのを皮切りに、各地で導入されるようになりました。大地震などの災害時に、機動隊の救助部隊などが速やかに被災地に入れるようにするためのものです。

さらに、現地までの道路の被災状況や倒木などの障害物の状態を調べたりして、本部まで無線で報告する任務を持っています。今年、警視庁は新たにバイクに取り付けた小型カメラで、リアルタイムで道路の被災状況などの映像を警視庁本部の指揮室に生中継できるオフロードタイプの白バイを導入しています。

小型カメラをハンドル中央部に固定して、撮影した映像をスマートフォンを通じて高速通信「LTE」で警視庁本部に送信するのです。しかし、大きな災害時は、一般回線のLTEになるので電波が途絶えたら通信できないという欠点もあります。警視庁の白バイチームの熟練度は、以前から高く評価されてきているので、これからの活躍が注目されています。

通常の白バイは、平たんな道路を速く走るために作られていますが、それに比べると警視庁のオフロードタイプの白バイは重量を100キロばかり軽くして、排気量は250CCになっています。

スポンサーリンク

ただし、警視庁以外の各県ではそれぞれに導入している機種や装備などに違いがあるようです。殆どは、ホンダ、ヤマハが多いのですが、中には茨城県のように、ハーレーの白バイを導入しているところもあります。
オフロードバイク

外国では災害時どのような体制がとられているか

アメリカの場合

洪水、地震、山火事、ハリケーンなどの自然災害は、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が管理しています。大型ハリケーン発生時には、地域行政機関と連携をして特設サイトを設置します。

ハリケーンの状況や被害情報などを集約してリアルタイムで皆が閲覧できるようにしています。そのほかの特別な災害時の活動としては、十分な装備を持つアメリカの陸海空の軍隊が大きな役割を果たします。

カナダの場合

カナダには、大雪と竜巻はありますが、大規模な地震や津波の被害がありません。大雪の場合の除雪作業とその機能には、定評があります。

竜巻の場合にはアメリカと同じく、地下室に避難するのが最善とされていても、広大な国土の中で竜巻が起こる数が少なく、竜巻用の特別な機器は備えてはいないようです。そのほかには、人があまり居ない山々での山火事くらいです。

災害時、被災してみないと苦しみや悲しみは痛感できません。できれば出動しないのが一番ですが、もし何かあった時の為に備えあれば患いなしですね。

スポンサーリンク

芸能人もリピーター続出の冷凍ピザ

冷凍ピザとは思えない、手伸ばし窯焼き生地の美味しさに、 「冷凍ピザの概念が変わる」と大好評です!値段も宅配ピザと比較して半額!解凍もオーブンでたったの6分できちゃう♪

大人気過ぎて現在2ヶ月待ち★予約は、お早めに♪

大好評のピザに続き、パエリアも登場
警視庁オフロードバイク導入で災害時どう変わる
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事