ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

外食先で食中毒になたったらどうしたらいいの?治療法や対応はどうする

食中毒とは、食べものや飲みものが原因して、嘔吐、腹痛、下痢、発熱等を起こすことです。特徴としては、原因となる食品等を食べても異常に気づかないことが挙げられます。それらの食品は腐敗してはいないので、味や臭いには変化が無いからです。

原因には、腸炎ビブリオやサルモネラなどの微生物によるものが最も多く全体の9割を占めています。ほかには、自然毒によるもの、化学物質によるもの、寄生虫によるもの 、などがあります。

毎年、梅雨から夏場にかけては微生物による細菌性食中毒が、多発する傾向があります。また、万が一食中毒にかかっても、手洗い等の消毒を徹底すれば二次感染が防げるとも言われます。
種類

 

スポンサーリンク

食中毒になった時の治療法は?

食中毒を引き起こした原因によって、それぞれに治療法が違ってきます。自己判断をせずに医師の指示に従い、大切な水分補給を怠らないようにしましょう。水分補給には水やお茶を飲むよりは、スープ、味噌汁、果実などで行う方が適しています。また、消化の良い食事が良く、おかゆ、うどん、パンがゆなどを、少しずつゆっくりと摂ります。冷たい炭酸水や、コーヒーやココアは控えてください。

スポンサーリンク

カキの食中毒、ノロウィルス菌

潜伏期間は24時間から48時間、激しい下痢と発熱の症状があらわれます。特効薬は無いので、内科医の指示にしたがって点滴などで水分補給を受けながら安静にして、菌を体外に排出するようにします。

鶏卵が原因となることが多い、サルモネラ菌

夏に多い食中毒です。潜伏期間は半日から48時間、吐き気やへそ周辺の腹痛、下痢が1日から4日間続き、38度くらいの熱が出ます。点滴や抗生物質などで治療しますが、サルモネラ菌食中毒とカゼの症状がよく似ているので要注意です。軽症であれば自然治癒しますが、重篤の場合には自己判断で抗菌剤を用いずに、胃腸科や消化器内科の医師の指示を受けます。

外食して食中毒になったらどう対応したらよいのか?

最初に店に訴えるよりも、早めに飲食店で食中毒に遭った可能性があることを最寄の保健所に訴えるのが良い方法です。保健所で調査をして、原因菌の特定と飲食店との関係を明らかにしなくてはなりません。

最終的に飲食店が原因であることがわかったら、飲食代金や医療費の補償がされて、仕事の休業補償なども交渉次第となりますが、それまでは時間がかかります。医療費は、いったん建て替えが必要となります。

家庭で出来る対策としては、常に新鮮な生鮮品を使って、使った後の道具は殺菌を心がけましょう。そして残った料理は、少しでも可笑しいと思ったときは思い切りよく捨てるか、十分に火を通すことです。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
外食先で食中毒になたったらどうしたらいいの?治療法や対応はどうする
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事