ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

日本の七夕伝説はいつから?中国の七夕は第二のバレンタインデー

七夕伝説のおこりは中国で、日本では一等星「べガ」は「おりひめ星」として良く知られ、天の川の対岸にあるわし座のアルタイルは「牽牛」、天の羽衣伝説では「ひこぼし」として良く知られています。

七夕 

スポンサーリンク

織女(おりひめ)と牽牛(けんぎゅう)の物語

中国の1世紀から3世紀の後漢のころまでに作られていたとされる伝説です。

子供の頃から機織が大好きだった織女が機織ばかりして雲錦と呼ばれていた布ばかり作っているので、婚期が遅れるのを心配した星空を支配する父親の天帝が、牛の世話をしていた働き者の男の牽牛と結婚させました。

すると働き者だった織女と牽牛が幸せのあまり、機を織らなくなりまた牛の世話もしなくなってしまったので、怒った父親の天帝が二人を天の川の両側に引き離して一年に一回だけ、7月7日に会えるようにした、という話しです。

7月7日には、普段は渡れない天の川に、鳥のかささぎが群れを成して羽を重ねあって橋を作ってくれるので、その橋の上で2人はひとときだけ会うことが許されたそうです。

日本へは遣唐使などによってもたらされたとされますが、日本各地には羽衣伝説などがあって正確にはいつ日本に伝わったかが判っていないようです。

スポンサーリンク

棚機津女(たなばたつめ)の伝説

日本の古来の伝説で、日本では昔は、「七夕」を「棚機(たなばた)」や「棚幡(たなばた)」と書いていました。

お盆の行事の一つで、精霊棚とその幡を安置する7日の夕方をさして、7日の夕で「七夕」と書いて「たなばた」と発音するようになったと言う説があります。

中国の織女と牽牛の伝説と融合して、現在の七夕になったそうです。

中国の七夕は第二のバレンタイン

中国では、旧暦の七月七日の夜に七夕を祝います。したがって、2015年は8月20日になります。

広い国なので一概には言えないようですが、農耕や自給自足で生活している様な農村部では、お香をたいて花や果物をお供えし、機織や刺繍が上達するように織女(織姫)星に祈願する風習が残っています。

一方、都心部になると、海外からの観光客向けの大きなイベントになっていたりする所があるそうです。

また、中国では昔から七夕は恋人の日とされてきたそうですので、近年では「中国バレンタイン」とも呼ばれて、男性から女性に花を贈ることが盛んです。

2月の西洋から入ったバレンタインと七夕のバレンタインと、中国には1年に2つのバレンタインがあります。

織女と牽牛の伝説は、儒教的思想が濃厚に反映されている内容で現代の生活感覚では無理があるようです。昔が良かったのか、今が良くなったのか、それは判りませんが、少なくともその時代によって人の常識はどんどん変わっていくようです。

スポンサーリンク

芸能人もリピーター続出の冷凍ピザ

冷凍ピザとは思えない、手伸ばし窯焼き生地の美味しさに、 「冷凍ピザの概念が変わる」と大好評です!値段も宅配ピザと比較して半額!解凍もオーブンでたったの6分できちゃう♪

大人気過ぎて現在2ヶ月待ち★予約は、お早めに♪

大好評のピザに続き、パエリアも登場
日本の七夕伝説はいつから?中国の七夕は第二のバレンタインデー
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事