ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

コーヒーや緑茶で死亡率低下?長寿国には長生きの秘訣が!

最近のニュースに、「コーヒーや緑茶、飲めば飲むほど病死のリスク低下 19年間追跡調査」という記事が見られます。これは、国立がん研究センターや東京大の研究チームが日本で行った研究結果に基ずいて発表したものです。

スポンサーリンク

コーヒーと緑茶に関する研究内容

1

全国の40歳から69歳までのの男女約9万人までを対象に、コーヒーと緑茶の1日の摂取量などのアンケートを基に約19年間経過を追跡した結果、統計学的な調整をいれても、コーヒーや緑茶をよく飲む人は心臓病や脳卒中などで死亡するリスクを率が低くなっています。

コーヒーを1日に3杯から4杯飲む人は飲まない人よりも死亡リスクが24%低く、また緑茶を1日5杯以上飲む場合には、男性で13%、女性で17%、死亡リスクが低いというデータがあります。

それらの原因究明にはまだ時間がかかるようで、現在までの時点では正確な理由はつかめていないそうです。しかし少なくとも、コーヒーや緑茶を飲む習慣は健康的なことであることが確認できた、という談話は発表されています。

世界の長寿国

2014年度「世界保健統計」によれば、女性の場合、1位は日本で平均寿命は87.0歳、2位、3位、4位はスペイン、スイス、シンガポールの85.1歳となっています。男性の場合は、1位アイスランド81.2歳、2位スイス80.7歳、3位オーストラリア80.5歳、となり、日本は80歳で8位になっています。

スポンサーリンク

日本

大豆たんぱく質はコレステロールの低下作用があり、心臓病を予防するといわれます。したがって大豆製品に注目が集まり、米国で顕著な大豆ブームが1999年ころから始まっています。

その中心は豆乳ですが、日本の味噌、豆腐、納豆、なども注目され「世界一ヘルシーな食事」といわれる日本食ブームに拍車をかけています。

スイス

スイスで長寿国だと言われることの理由付けに、スイスの人は、人々が他の国々よりも高年齢まで働き、高齢者には優しい環境と美しい自然の中で平和に暮らすからだ、とコメントしています。

幼児死亡率が低く、心身の一般的症状が健康的であることが大きな理由でもあるようです。

オーストラリア

乳児死亡率が出生1000件あたり103.6から4.7へと激減したことも、大きな理由のひとつに挙げられています。また、喫煙率が世界でもっとも低いレベルで、日常的に喫煙している人は6人に1人の割合にまで減っています。

ストレスフリーの環境も大きいとされています。

スペイン

他の長寿国フランス、イタリアと同じように地中海民族で、陽気でストレスをそれほどを感じない国民です。

加えるに、赤ワイン、にんにく、オリーブオイルなどの日常的に口にしている食材が超健康優良食品であるそうです。

国の医療制度ばかりではなく、国民全体の平均的に健康的な精神状態と、伝統的な食生活とのバランスが、長寿に結び付いていくようです。ただし、忘れてはならないものに健康寿命があり、平均寿命と健康寿命との落差を減らすこと、いかにして幸せに寿命を全うするのか、の問題がさらに重要になってくるでしょう。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
コーヒーや緑茶で死亡率低下?長寿国には長生きの秘訣が!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事