ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

増え続ける日本の借金 なぜ財政破綻しないのか?わかりやすく解説

日本の公債残高は年々増加していると言われます。財務省の報告によると、平成26年度末には税収16年分の780兆円が見込まれ、急速な悪化でGDPとの比較では最悪の水準になっています。

スポンサーリンク

国の借金

財務省は国債や借入金、政府短期証券を合わせた国の借金の残高が2015年3月末時点で1053兆3572億円になったと発表しました。

この借金は、09年以降はさらに加速して増え続けています。長引くデフレによって日本人の6人に1人が貧困層に分類され、子どもの貧困率も過去最悪の16.3%になったとされます。

国の経済が破綻していない理由

日本の対外純資産は320兆円あるのです。純資産とは資産から負債を差し引いた額ですから、日本の国としての自己資本はかなり多いことになります。

この額は世界一で、二位の中国を大きく引き離しています。ここで国の借金が多い、というのは政府が主に民間金融機関から借りている額が多い、という意味になります。

対外純資産とは

日本の政府や企業、個人投資家が海外に持つ資産から負債を差し引いた金額です。日本は1991年以来23年間連続でトップの、世界一の債権国になっています。

対外資産残高が多くて、対外負債が少ないことの理由に、日本は海外への投資は多いけれども、海外から日本への投資が少ないことが挙げられます。

この逆で海外からの投資が多い米国では、対外資産残高が大幅にマイナスで、負債国となっています。ただし、外国から国内への投資が増えて統計上の対外資産が減っても、経済の活性化につながって国は税収を補う事ができます。

スポンサーリンク

法人減税を通して海外からの投資を集め、日本経済を復活させる、という考えがここから出てきます。

日本の国債

日本の国債額は世界でもトップになっていますが、他の国と違って90%は日本人が保有しています。

それだけ、安定しているとも言えますが、勤勉に民間貯蓄を続けてきた結果とも言えます。しかし、それにばかり頼っているのは、今後の世界経済の動きの中でリスクが高まります。

日本は楽観的のんきさを捨ててあと3年から10年の間に来るかもしれない経済のアンバランスに備えるべきだと警告している海外の経済学者もいます。
1

今後の課題

国民が所有する潜在資産はかなり多く、1500兆円以上有ると推測されています。これを規制緩和などの施策によって投資などにまわして経済活動を活発化させることが挙げられます。

さらには、効率を生み出すための優れた人材による組織力の活用と、潜在資源としての女性の活用、対外輸出の増強、なども挙げられます。

直面する高齢化問題や資源制約問題を、逆に世界に発信できる新しい形態の経済活動に変換することも、日本なら可能であるように思えます。高齢化問題や資源制約問題は日本に限らず、地球規模で必ず直面していく問題なのですから。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
増え続ける日本の借金 なぜ財政破綻しないのか?わかりやすく解説
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事