ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

日焼けしやすい人ってどんな人?焼けてしまったらアフターケアは大事

日焼けすると肌が褐色をおびてきます。日光の下にいて赤くなるのはサンバーンと呼ばれる現象で、同じ日焼けでも性質の違うものです。

スポンサーリンク

日焼けしやすい人としにくい人

メラニン色素には紫外線によって体の細胞が損傷するのを防ぐ機能があります。そのメラニン色素を作り出すメラノサイト呼ばれる細胞が少ないと、日光に含まれる紫外線が皮膚に吸収されてしまいます。メラノサイトが敏感に働いてメラニン色素が多くなれば肌は褐色がかりますが、ダメージは少なくてすみます。日焼けする人は、このメラニン色素を多く持つ人です。逆に少ない人は、褐色の日焼けはしませんが肌がサンバーンを起こして赤くなります。

日焼けしやすい人

一般に日本人は両方の要素を持っていると言われます。したがって個人差が多いようです。褐色の肌の人種では、紫外線にあたると肌が濃くなり易いですが、炎症を起こすことが少なくなります。

日焼けしやすい人

一般に、白人種はメラニン色素が少ないのでサンバーンを起こしやすく、肌が赤くなります。そして皮膚がんの発生率も高いといわれます。

日焼けの防ぎ方

 日焼け対策としては様々な対策があります。

外出のときには、紫外線遮断のUVカット加工の服を着ます。

UVカット加工の素材の表面に紫外線を防ぐための加工をしたり、安全な有機物質を素材に織り込んだりしたものです。また、黒や紺など色の濃い服は紫外線を通しにくいとされています。

目から入ってくる紫外線を遮断して、肌で作られるメラニン色素を抑えます。

目から紫外線が入ると、脳が反応して肌でメラニン色素が作られて褐色がかってきますから、帽子や薄い色のサングラス着用が推薦されています。

日焼け止めクリームなどを塗ります。

 日焼け止めもいろんな種類があります。選び方は後程説明します。

日差しの強い時間帯の外出を控えます。

1日に降り注ぐ紫外線の約50%以上は午前10時から午後2時の間だと言われます。

スポンサーリンク

肌のアフターケアを怠らないようにします。

肌の水分量が多いほど日焼けしにくいと言われますし、日焼け後の水分が不足している肌も紫外線に弱くなっています。保湿の意味からも化粧水と乳液でアフターケアが必要です。
2
 

日焼け止めを選ぶポイント

日焼け止めで表示されてるSPFは、紫外線を阻止する効果を数値で表わしたものです。2から50までで、50+が最高です。

肌が赤くなる日焼けが起きるのに平均すると約20分かかりますが、この時間を20分以上どのくらいまで延ばせるか、の数値です。

たとえば、SPF10なら、20分の10倍の200分間は大丈夫だということになります。ただし汗をかいたりすると日焼け止めは少しずつ取れていきますし、塗りむらがあっても効果が薄らぎますから要注意です。

アフターケア

日焼け止めは薬ですから、使用後は洗顔を忘れないようにしましょう。優しく丁寧に洗顔をして、肌に十分な水分補給をし、保湿にも心がけましょう。

いろいろなメーカーの日焼け止めが市販されていますが、100%の効果を得るにはかなり厚く塗るというより、肌にのせる要領で使った方が良いとも言われます。日焼け止めだけではなく、化粧用ファンデーションも併用した方が良いようです。そして帽子やサングラスも忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
日焼けしやすい人ってどんな人?焼けてしまったらアフターケアは大事
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事