ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

エアバッグの利点とリコール事故による注意点

エアバッグというと、一般的には自家用車についていて事故を起こした際に大ケガをするのを助けてくれる(防いでくれる)もの、というイメージがあるのではないでしょうか? では、その命綱のようなエアバッグに不具合があったとしたら?
ここでは自家用車に搭載されているものの種類や動作性、最近頻発しているエアバッグのリコールとリコール部材による事故が起きてしまった際の注意点などをまとめていきたいと思います。

自家用車に搭載されているエアバッグの種類

エアバック種類・ 運転席エアバッグ ハンドルに内臓されているものが一般的で、運転手の前面衝突を保護してくれるもの。
・ 助手席エアバッグ 助手席の前面部から膨らみ、助手席に乗っている人の前面衝突を保護してくれるもの。ただし、チャイルドシートなどは後ろ向きに設置するとエアバッグが膨らんだ際の衝撃でケガや最悪死亡の恐れもあるので、前向きに設置しなければなりません。
・ サイドエアバッグ 側面衝突時に運転席・助手席のシート外側部分から膨らみ、そこに乗っている人の胸部・腹部を保護してくれるもの。最近では後部座席にも搭載されているものもでてきている。
・ その他 側面衝突時に窓部にカーテンのように膨らむものや、座面全部を押し上げ腰部が前方に移動しないようにしてくれるもの、シートベルトが膨らみ首部や胸部を保護し頭部の激しい衝撃を抑えてくれるものなどもある。

エアバッグはどのような時に作動し、どうやって膨らむのか

エアバック破裂簡単に言うと、車に衝撃が加わった際にインフレーターと呼ばれる充填機が火薬を爆発させることでガスを発生させ、それを送ることでエアバッグを膨らませます。この時、収納部を押し破ることでバッグが出てくるという仕組みになっています。
ただし、通常運転席や助手席の正面にあるエアバッグは正面からの衝突により膨らむので、側面からの衝撃には反応しないこともあります。

スポンサーリンク

私も以前側面から突っ込まれたときに、右前側部(前右ウインカーあたり)が大破したのに作動しなくてビックリしました。

エアバッグの不具合による事故とリコール車種

前述した通り収納部を押し破って出てくるエアバッグなので、不適切な溶接などがあった場合「異常破裂」などが起こり周囲の部品が飛び散りケガをしてしまうという事故が起きています。
画像4 (1)ホンダ車を運転中にエアバッグが破裂して顔を損傷した女性は「できるだけ早くリコールなどの策を講じるべきだった。」として真相の究明と再発防止を求めています。

今年アメリカ議会の公聴会で追及された自動車部品メーカー「タカタ」のエアバックを使用していたとしてリコールを申請した自動車メーカー及び車種は以下の通りです。

・ トヨタ
カローラ、カローラランクス、アレックス、カローラフィールダー、アルファードG、アルファードV、イプサム、オーパ、ガイア、ソアラ、ノア、ヴォクシー、ブレビス、プロボックス、サクシード、マークⅡ、ヴェロッサ、マークⅡブリット、WiLLサイファ、WiLL VSの20車種
・ ホンダ
フィット、ストリーム、シビックフェリオ、シビックハイブリッド、CR-V、モビリオ、モビリオスパイク、ザッツ、アコード、アコードワゴンの10車種
・ 日産
キューブ、エクストレイル、リバティ、ブルーバードシルフィ、セフーロ、ティアナ、キャラバン、サファリ、ダットサン、モコ(いすゞ)の10車種

・ 他にもマツダ・富士重工・三菱・BMW・GM・クライスラー・フォードなどにも対象となる装置が納入されていたとされています。

リコール箇所が原因で事故が起きてしまったとき、自動車保険は?

リコール通知される前にリコール対象の車で自動車事故を起こした場合、リコール箇所そのものは保険適用外(メーカー修理になるため)になります。しかし、リコール箇所が原因で起こったもので車の修理やケガ等の医療費、相手がいた場合の支払いなどは保険会社から行われ、メーカーにその金額を請求したりするので、一般の契約者に支払い義務が生じることはありません。
しかし、リコール通知された利用者は速やかにメーカーによる修理を受ける必要がありますので、それを無視して乗り続け事故を起こした場合は利用者が責任を負うことになる(保険会社から支払いがされても、その後の保険料が高くなる等)可能性が高いです。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
エアバッグの利点とリコール事故による注意点
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事