ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

イルカの追い込み漁は何が問題なのか?世界の取り組みと比較

世界の歴史をさかのぼれば、かなり広範囲に海岸沿いの各所でイルカ漁が行われていたようです。イルカ漁には追い込み漁と突き棒漁がありますが、イルカの回遊数が減ったとか、そのほかいろいろな理由により、今では日本では、追い込み漁は和歌山県太地町(たいじちょう)の太地いさな組合によるものだけになっています。
1
画像URL : http://www.kouzushi.com/mawaki0014.jpg 

スポンサーリンク

イルカ水族館へのイルカの供給問題

イルカの追い込み漁に対する意見の対立で、世界動物園水族館協会(WAZA)から日本動物園水族館協会(JAZA)が会員資格を停止されかけましたので、JAZAは和歌山県太地町の追い込み漁によるイルカの購入を停止してWAZAに留まる決定をしました。これについては、日本国内で賛否両論が出ていますし、JAZAを脱退してイルカを購入する水族館も出てきているようです。

40年ほど前までは世界各地にイルカを展示したりショーを見せる水族館がたくさんありましたが、今ではかなり減ってきています。

スポンサーリンク

欧州の主な国では展示を禁止したり、新しいイルカの購入を禁止したりしている国が多くなっています。アメリカでも各州で違いますが、そういう動きは出ています。

新しくイルカを購入できる水族館では、その輸出元は南米やアジア、オセアニアが多いようです。

追い込み漁が問題になる理由

知能の高いイルカが大虐殺されたり、家族から引き離されて水族館に運ばれたりするのが残酷だとされています。これについても、国際的な見地から不公平だとする反論を含めて、日本国内ではたくさんの意見が出されています。

現在でもイルカ漁をしている国は日本だけではなく、南米や、オセアニア、それにデンマークなどもしています。

なぜ日本だけが、なぜイルカだけが、こうもセンセーショナルに批判の的になるのか、それはシーシェパードに代表される動物愛護協会の過激な抗議活動がバックにあるから、と報道されています。

イルカ漁は日本の伝統的文化で、伝統的な食生活でもあるという主張があり、魚を大量に食べあさるイルカは害獣だから駆除する必要があるという主張があります。なぜそれをもっと早く、海外に対して毅然と主張ができなかったのか、と疑問が残ります。

なぜもっと早く、イルカ漁を観光の対象としないだけの世界観がもてなかったのか、という疑問が残ります。もしも20年前になんらかの手を打ち始めていたら、これほど泥沼的な顔をそむけたくなるような話題にはならなかったろうに、と思ってしまうのです。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
イルカの追い込み漁は何が問題なのか?世界の取り組みと比較
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事