太陽光で世界一周してしまうソーラー・インパルスが名古屋に到着!

スポンサーリンク



太陽光発電だけで飛べる飛行機って?

太陽光だけで飛行することができる、ソーラー・インパルスという飛行機をご存じでしょうか?

1
写真提供:http://ja.wikipedia.org/

まさに、旅客機というより未来の飛行機をいう感じがしますね。

2
写真提供:http://upload.wikimedia.org



この長く横に広がった主翼の上面が、すべて黒いソーラーパネルになっているのがおわかりになるのでしょうか。
翼で受ける太陽光だけをエネルギーとして、そのエネルギーによって世界一周飛行を成し遂げようとする、まさにとんでもない飛行機です。

なにがすごいといって、このような飛行機が成功すれは、燃料費を考えることなく、荷物を運ぶことができるのです。ただし、速度は遅く、旅客には向かないようですが。

スポンサーリンク

このプロジェクトを主催しているのも、過去に気球で世界一周無着陸を成し遂げたピカール氏で、スイス連邦工学大工ローザンヌ校のチームが中心となって開発しています。第一号機のソーラー・インパルス1号機に続き、2号機は現実に、世界一周飛行にでているのです。

現在実験機ソーラー・インパルス2号機は、UAEのアブダビを旅立つと一路ハワイまでの航路を進んでいます。ところが天候不順により名古屋空港にとどまることを余儀なくされています。現在の名古屋での状況などは、YouTubeで(ときにリアルタイムで)みることがご覧になってみてはいかがでしょうか?

ソーラー・インパルスのHP( http://www.solarimpulse.com/home )には飛行中のさまざまな写真がアップされていて、現実に世界一周している気分になれるかも?!

3

写真提供:http://www.solarimpulse.com/pilots

こちらが名古屋での着陸シーンのYouTubeになります。

航路最後の最大の難関の、名古屋からハワイまでの8,200kmとハワイからアメリカ本土まで4,700kmの間、220日間を1度きりの着陸で飛行します。これは、いままでにない記録になるようです。ぜひ、飛行機の歴史の新しい一ページを開いてほしいものですね!

スポンサーリンク

太陽光で世界一周してしまうソーラー・インパルスが名古屋に到着!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事