ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

致死率99%の猫腸コロナウイルスがもたらす猫伝染性腹膜炎とは?

コロナウイルスの一つである猫伝染性腹膜炎ウイルス(FIPV)の感染で起こる猫の感染症です。一度発病すると死亡率が高いと言われ、1頭飼いより多頭飼い、雑種猫より純血種猫の方が感染しやすい病気です。
fad7e3aabf327fa421cba45dde12c6c5_m

スポンサーリンク

猫伝染性腹膜炎の原因とは

病原性に乏しいFECVという猫腸コロナウイルスが、猫の腸内で変化してFIPVになり血管に炎症を起こすとも言われて、猫同士の接触による感染はないとも言われます。

感染猫の排泄物や食器、グルーミング、ケンカなどから感染するとも、言われます。感染経路についてはまだはっきりと解明されてはいませんが、母猫の胎盤や母乳からではないようです。

猫伝染性腹膜炎の症状

初期の症状は発熱、食欲不振、嘔吐、下痢、体重減少などがあります。若い猫では数日から数週間で発病することもありますが、ほとんどの場合は感染しても発症しません。

炎症が多臓器に障害を引き起こすので、不治の病とも言われ、致死率は99%とも言われます。その症状には2つのタイプがあります。

ウエットタイプと呼ばれる滲出型

腹水や胸水が体内に溜まって、進行性の腹部膨満や呼吸困難を起こし、脱水や貧血、黄疸、嘔吐、下痢と便秘の繰り返し、などの症状が出ます。非滲出型よりも重症になるケースが多くなります。

ドライタイプと呼ばれる非滲出型

神経、眼、腎臓、肝臓などが冒され、体内には液体が留まりません。神経障害では、てんかんのような発作、四肢の麻痺による歩行困難、排泄時の麻痺、異常な行動などが見られ、猫の性格が変わってしまったような行動も見られます。

スポンサーリンク

猫伝染性腹膜炎の治療法確立されていない

日本にはワクチンがなく、効果的な治療法も、まだありません。アメリカにはある、とされますが効果が確定していないようです。

したがって、ステロイド剤と抗生物質による治療や、免疫抑制剤などで症状を和らげる治療が主体になります。

猫伝染性腹膜炎の予防方法

ウイルス自体の感染力が弱いので、消毒をしたり、ほかの猫との接触に注意したりします。多頭飼いをさけたり、食器やトイレなどへの気配りも必要です。

特に、感染が確認された猫がいる場合には、他の猫と接触させないようにすることが大切です。そして、猫の体力が弱っているときや、何かほかの病気にかかっている時などは感染しやすいので、ほかの猫と接触しないように注意した方が安全です。

生後6か月から3歳くらいの若いの猫に多く発症するようで、全体的な統計によれば、発症率は1%から5%だそうです。家族になっている大切な猫ですから、たとえ1%であっても効果的な治療方法が無い、というのはいかにも悲しいことです。

 最近では、コロナウイルスと言ったら韓国で「MARS」が流行しています。
韓国でMARS(マーズ)患者死者急増!日本でも感染する可能性は? | 旬の情報局

死者が出るほど強力なウイルスです。強力なウイルスですので人への感染は注意していたいものです。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
致死率99%の猫腸コロナウイルスがもたらす猫伝染性腹膜炎とは?
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事