ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

読書感想文もスラスラと簡単に書けるようになる具体的な方法

春・夏・冬の長期休みになると、学校からは課題が出されます。そのなかでも苦労するのは、読書感想文です。

前に調べたところ、作文のジャンルに「読書感想文」というのがあるのは、日本だけだそうです。
以前読んだ「ライ麦畑でつかまえて」の中に、作文の宿題に悩む場面がありました。
身近なものを描写してこい、という課題です。これは実用的な宿題だな、と思ったものです。

確かに、私も小中学生のころ、大の苦手でした。
先生に書き方を質問したら、「感じたことを、そのまま書けばいい」と言われました。
「何も感じませんでした」と言ったら、怖い目でにらまれたのを思い出します。

1

スポンサーリンク

何で、学校は読書感想文を書かせるの?

答えは簡単です。
本を読みなさい、という宿題を出したら、生徒は読んでいなくても「読みました」と答えるに違いないからです。
「その内容を言ってみなさい」と言えば、本の裏表紙などに書かれているあらすじを読んで答えるでしょう。
つまり、乱暴に言えば、読んだ証拠を見せろということなのです。
また、こうした宿題なら、読解力と表現力の2つの練習になっているのでお得感もたっぷりなのです。

では、読書感想文の攻略法を説明しましょう。

何を読むか?

国語の教科書を見てみると、小学生は物語7割、説明文3割くらいの比率になっています。
中学生になると、物語・小説と説明・評論が半々くらいになります。
高校生になると、評論が7割、小説が3割と逆転します。

こうして見ると、なじみやすいものを選ぶのが良いでしょう。
一般論を言えば、小学生なら物語、中学生はどちらか好きな方、高校生なら評論系です。自由選択ならば、バレなければ、既に読んだことのあるものを選んでもいいでしょう。あるいは、自分が読んでみたいものを選べば、書くときも楽になります。

ただし、課題が決まっているときは別です。
それこそ興味がない、何も感じないといった読後感しかもてないものでも、書かなくてはならないからです。しかし、読み方や感想文の書き方は同じです。むしろ、その方が手際よく書けるかもしれません。

2

どのように読むか?

時間があって、好きな本を選べるのであれば、じっくり最初から最後まで読むのがベストです。
しかし、時間がなく、興味もない本だったとしたら、がまん強さを鍛えるだけで、学力もつかない可能性があります。
そういうときは、飛ばし読みをするしかありません。

物語・小説系

①読み方

最初に目次を見ます。
章立てをしているものなら、各章の見出しを見て、流れをつかみます。
そして、…

  • 主要な登場人物は、メモをしておきましょう。
  • 設定(時代、場所など)は、説明されているページに付箋を貼りましょう。
  • 出来事・事件の発端、クライマックスの辺りにも付箋を貼りましょう。
  • 見出しから探したり、パラパラめくって、初め・中・終わりで目につく会話部(カギカッコのところ)にも付箋を貼っておきます。

これで下準備はOKです。

②分量に合わせて構成を考える

小中学生の場合は、大体3枚以上という場合が多いので、それに合わせて、大まかな分量を決めていきます。高校生の場合も同様です。

最初の書き出し1~2行で、全体のおおまかな感想を述べる。

例)この物語を読んで、とても楽しい(悲しい、イヤな、元気が出る…)気持ちになりました。読み終わってから、しばらくの間は、主人公に自分を重ねてしまって、現実に戻れませんでした。

適当に付箋を貼った箇所の出来事をまとめて、コメントを書いていく。

【例1】

主人公が、子熊をみつけ木の枝に座り込んだのを見て、つごうがよいと思う場面がありました。このとき、私は、主人公ではなくて、子熊になった気持ちで読んでいました。高い所は気持ちがいいな。でも、人間がこっそりやってきて、危険が迫っています。早く気づいてくれないかな、とはらはらしながら読みました。

【例2】

「こら、罪人ども。この蜘蛛の糸は俺のものだぞ」と怒鳴る場面がありました。追いつめられると、自分一人だけ助かればいい、という考えが生まれてくるものです。私は、彼を責める気持ちにはなれませんでした。
あるいは、こうした場面でも、私は、「なあ、みんな。俺が登り切るまで、ちょっとだけ待っていてはくれないか」と言える人間でありたいと思いました。

 ※場面とコメントを5行前後で書くとして、それを10箇所前後見つけるか、長めにして6~7箇所書くか、書いてみて決めましょう。
  このとき、例2のように、会話部(カギカッコの部分)を手がかりに探しても良いかもしれません。
  そして、「私なら…」といったコメントを加えるわけです。

最後の感想

ここは、最後の解説部分を見たり、裏表紙の紹介文を参考にして、3~5行程度にまとめて書くとよいでしょう。

スポンサーリンク

【例】

生活基盤が失われた青年下人は、飢え死にをするか、盗人になるかしかない極限状態に置かれている。そこで出会った老婆に、しかたがなくてする悪は許される、悪に対する悪は許しあうしかないという哲学を教示される。

【修正】

「生活に困った下人の青年は、餓死か悪人になるかという極限状態に置かれていた。そこで出会った老婆に、追いつめられてする悪は許されると教えられ、下人は盗人になって生きる覚悟が生まれるというものだ。私には、そうした極限状態に追いつめられた経験はないが、もしそうなったら、やはり自分が生きのびるために悪に手を染めてしまうかもしれない。

しかし、そういう場合であっても、自分は悪事をおこなっているという自覚を失いたくないし、本当に困っている人から金品を奪ったりしないようにしたい。そんなことをしみじみと考えさせられた作品でした。」

などと、適当に自分の言葉に置き換えて、最後の感想を締めくくりましょう。「もし、私が主人公の立場だったら…」といったとらえ方をすると書きやすくなります。

説明文・評論系

①読み方

こちらの方が、書きやすい場合があります。

最初に目次を見ます。
章立てをしているものなら、各章の見出しを見て、流れをつかみます。
そして、序論・本論・結論の構成をつかみます。

序論とは
「○○は××なのでしょうか?」といった問題定義、つまり、読者にこれから語ろうとしている考えの出発点を、疑問形にして投げかける部分のことです。

本論とは
序論で投げかけたテーマを説明するために用意した具体例などです。

結論とは
作者が読者に訴えかけたいと思っている考えを述べる部分です。読者により深く考えてもらうために、「言い換えれば…」のように主張部分を言葉を変えて繰り返し説明したり、「いわゆる…」のように比ゆ的な表現で、読者が立ち止まって考えるような書き方をしたりします。

ここで、まず、自分が作者の意見に賛成か反対かという立場を決めておきます。賛成意見の方が書きやすく、無難な感想文が書けます。反対意見は、読者の注意を引きますが、説得力のある文章を作るのが難しくなります。ここでは、賛成であるという立場の例を示したいと思います。

②分量に合わせて構成を考える

物語系と同じ要領で、課題の分量に合わせて、大まかな行数を決めておきます。

最初の1~2行で、全体のおおまかな意見を述べる。

【例】

日本語に天候に関する言葉が多いのは、日本の気候条件なども関係している。そして、自然の豊かさを美しいものにしてきた、と筆者は言っています。私は、この文章の作者の意見に賛成です。たとえば、月のことを英語でルーナと言い、ルーナシーというのは「狂気の」といった意味である。これは西洋人が、月の影響で人間は狂気に導かれるといった恐れを感じていたからだ。

一方、日本人は月にはツキヨミノミコトという神様が住んでいると信じてきた。そして、満ちては欠け、消滅した後、また復活するところから、月には「再生」とか「復活」といったイメージをもっていた、という話を聞いたことがあります。これは西洋人が自然を支配しようと科学を発展させてきたのに対し、信玄堤のように、日本人は、自然と共存しようとして知恵を働かせてきたことにも表れていると思います。

※ちょっと例が高度になってしまいましたが、大切なのは、自分が筆者の意見に賛成であるということを表明できればよいわけです。

見出しを見て、使えそうなエピソード(具体例)などを挙げて、自分の意見を加えていく。

1つの事柄が5行程度として、課題の分量に合わせて、いくつの事柄を選ぶかを決めます。

【例】

「花曇りは桜の咲く頃の曇天をさし…」と筆者はいう。なるほど、英語には曇りという言葉しか見当たらない。私も、筆者同様に、本来憂鬱な曇り空が、桜の色を鏡のように映し出すピンク色に見えてくるような気がした。

最後のまとめ

これは、筆者の主張と同調し、さらに、「これから私は…」といった将来の生き方などと結びつけて終わらせるとよいでしょう。

【例】

ここで筆者が挙げた例は、「花曇り」「菜種梅雨」などいくつかありましたが、どれも初めて聞く言葉ばかりでした。これまでは、目の前のことだけで頭がいっぱいになって、季節の移り変わりや、咲いた花のことや、天気のことなど気にしないで来ました。それは、日本に生まれて、日本語を話す一人の日本人として、少し寂しい生き方なのではないかと思いました。

これからは、もっと、季節の移り変わりに敏感であったり、雨降りや曇り空を楽しめるような生き方をしてみたいと思います。学校への行き帰りでも、ただ足下を見て歩くのではなくて、どの家にどんな花の咲く木があるか、どこでどんな花が咲いて、散っていったのかを気づくようになりたいと思います。そうすれば、何もない退屈な日々が、もっとカラフルになり、豊かな心の持ち主になれそうな気がしました。

さいごに

 読書感想文は、夏休みや冬休みでは定番の課題です。読む本によっても読み方や書き方は変わってきます。一度書き方さえわかればどんな文章にも応用できます。最初は難しいかもしれませんが、文章能力は格段に上がります。

難しい課題は早めに終わらせて休みを満喫しましょう!

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
読書感想文もスラスラと簡単に書けるようになる具体的な方法
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事