ロコモティブシンドロームの原因は?ロコトレ体操で予防・改善

スポンサーリンク



ロコモティブシンドロームとは?

ロコモティブシンドロームとは主に加齢による運動機能障害のため、要介護になる可能性の高い状態のことをいいます。また、気付いた時には実際に要介護状態になっているということもあります。

「昔より速く歩けなくなった」「バスに乗るのに時間がかかる」「家の中でつまづく」「バランスを崩してよろける」「重い荷物を持ち運ぶことが難しくなってきた」このようなことが増えてきたら、単なる加齢と思わずに、ロコモティブシンドロームになっていると考えましょう。

運動器の衰えはまず「脚」からやってきます。つまりロコモティブシンドロームも脚からやってくるのです。
442be35a4310d266efafb0ec1391ccd4_m

ロコモティブシンドロームの進行

運動器の病気などにより、痛みや機能低下を生じて、次第に移動能力が低下します。さらに進行すると生活の自立度が下がり、介護を必要とするようになります。

運動器の病気には、骨だと骨粗鬆症や骨折、関節だと変形性関節症や変形性脊椎症、またそれに神経系のものが加わると脊柱管狭窄症などがあります。

スポンサーリンク

また、それらの病気が招く運動器の痛みや働きの低下に「関節可動域の制限」「筋力の低下」「バランス力の低下」「歩行障害」などが挙げられます。運動器の病気とその原因は互いに関連しています。

ひざが痛い人は活動量が減って筋力も低下します。腰や股関節にも痛みが出てきます。ちょっとした関節の痛みや、歩く時に脚が上げられないと思っていたものがいつの間にか進行し、要介護になってしまいます。

ロコモティブシンドロームの予防のためには、それぞれの病気の治療だけでなく、予防をし、また少しでもその症状があった時には改善に取り組むことが必要です。

ロコモティブシンドロームの予防と改善

健康な状態を保つためには、骨や筋肉を毎日動かして適切に負荷をかけることが必要でひざや股関節が痛いからといって動かないでいると、それぞれの機能がますます低下していきます。

ロコモティブシンドロームの予防や改善方法の「ロコトレ」というトレーニングをして、関節に負荷をかけすぎずに骨を強くし、筋肉をきたえましょう。


自宅で簡単にできる目を開けたままの片脚立ちや、机に手をついて行うスクワットがあります。

また、ロコトレ以外にもウォーキング、水泳やダンス、ラジオ体操など楽しめて継続できそうな運動を選んでトライしてみるのも良いかもしれません。

トレーニングを続ける秘訣は「無理をしない」ことです。翌日に痛みや疲れが残らない程度に毎日少しでも継続をすることが大切です。無理をせず年齢や個人の状態に合わせた運動を行うことが予防や改善への一番への近道となるでしょう。

スポンサーリンク

ロコモティブシンドロームの原因は?ロコトレ体操で予防・改善
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事