ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

少子高齢化が進み増え続ける空き家問題! 大きな社会問題に!

 最近、TVの番組やニュース、雑誌等で取り上げられる『空き家問題』。今、大きな社会問題になっています。人の手が入らず、管理が行き届どかない空き家は、周りの環境や景観に大きな“リスク”をもたらすおそれがあります。今後、私たちにどのような影響があるのでしょうか?
bead0bd10d6e3f527ee8ed13a5979ffa_m

スポンサーリンク

都市部に多い空き家の問題

空き家が最も多いのは大阪府、次いで、東京都、兵庫県と続いています。

それは、過疎化の進む地方よりもむしろ都市部に集中しています。かつて高度成長期に開発された大都市の郊外住宅地では、住人の高齢化が進み、65歳以上の単身・2人世帯が増加しています。

こうした住人の多い住宅地では、今後ますます空き家が増えていくと予想されます。

放置された空き家の問題点とは

放置された空き家がなぜ問題になるのでしょうか?それは、地域の秩序が乱れ、近隣住民に被害をもたらすことになるからです。

建物の老朽化が進み、台風や地震、大雪、大風の際、倒壊の危険性がある

 木造住宅は、定期的な換気がないと急速に傷みます。また、空き家には古いものが多く、特に昭和56年以前に建てられた建物は耐震性が不足している可能性があり、小さな震度の地震や台風でも倒れる危険性があります。

放火の対象や不審者の侵入を誘発する

 門扉がない、または施錠されていないと誰でも容易に侵入することができます。建物の周辺や敷地内に枯草、枯れ木、燃えやすい物が放置されたままだと、放火の対象になります。また、窓ガラスを割って不審者が侵入し、寝泊りしていたという事例もあります。

スポンサーリンク

害獣・害虫が発生する

 野生のネズミや猫、イタチなどが棲みついてしまうことも。死骸や糞で家の中は荒れ放題ということにもなります。また、カビや虫の温床にもなります。

景観が悪化する

 住宅への落書きや窓ガラスの割れ、草木が伸び放題という状況は、景観が良くないばかりではなく、近隣一帯が「管理されていない地域」というイメージに結びつきます。
 

なぜ空き家が増えたのか?

日本は、戦後から高度成長期にかけて新築住宅をたくさんつくり、それがまだ続いているのが原因のひとつといわれています。

人口が減っているのにもかかわらず、新築住宅を増やせば、空き家は増えていきます。

誰も管理していない“リスク空き家”が増えた原因には、以下のことが考えられます。

  1. 実家を相続したが、高齢のため体力的に管理できない
  2. 遠方に住んでいるため、頻繁に通えない
  3. 建物は利用しないが、固定資産税が上がってしまうので壊せない
  4. 相続人でもめており、まだ決まっていない

空き家はどのように活用されるのか?

すでに、空き家を活用していこうとする事例もあります。都心では、民間のNPO等が空き家を借り上げ、子どもを預かる「空き家保育園」や高齢者の交流サロンをつくっているところがあります。

また、郊外住宅地では、デイケア施設など高齢の方の介護や看護を担うステーションとして運営組織が借り上げ、国が支援するという案が出ています。

これは、今住んでいる人たちにとって住みやすい環境をつくっていこうとするものです。

 今後、人口減少、高齢化に伴いますます増える“空き家問題”。その解消方法は、国全体の大きな課題といえます。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
少子高齢化が進み増え続ける空き家問題! 大きな社会問題に!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事