ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

東洋医学って?西洋医学の違いはなに?アンチエイジング効果

6b4fdbe2372ec201f64b3b09bab972dd_m

スポンサーリンク

東洋医学とは

東洋医学は、中国を発祥とした医学であり、中国を発祥とし自然哲学を土台に発達し今日に至っている医学です。
治療方法として身近にあるのは、ツボ押し、はりやお灸、食物療法、漢方療法などがあります。

西洋医学との違い

西洋医学はルネサンスの影響を受けた医学で、自然科学を土台に発達した医学です。東洋医学と西洋医学は治療方法や考え方に大きな違いがあります。

西洋医学は、対処療法で、簡単にいうと熱が出ていれば薬を使って下げる、痛いところがあれば切除するなど攻撃型の医療です。簡単に治癒できたような気にはなりますが、体力のない人は薬の副作用で体調を崩したり、メスを入れることによって身体全体のバランスが取れなくなるということがあります。

東洋医学は、五臓六腑の「五臓(肝・心・脾・肺・腎)」のはたらきを見ていきます。


攻撃的・物理的な医療ではなく、まず患者の声をきき、全身のバランスを把握し、治療方針を決めます。

その治療方針とは西洋医学とは違い、自然治癒力を高めることを先決とする調和型医療と言えましょう。根本的に違うのは、西洋医学のように採決や採尿はせず、顔の状態、舌の状態、手やお腹の冷えやあたたかさなどで全身の状態を把握します。


身体を傷つけることが無いので、害が少ない診断方法といえるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

色んなアンチエイジング効果

この東洋医学、色んなアンチエイジング効果があります。

まずは美容ツボ

美容ツボといっても普通のツボ押しでもよく聞くツボ「三陰交」です。このツボは冷えやのぼせ、むくみなど更年期に関わりが深く、押すと痛みを感じる人も多いようです。このツボは内くるぶしの頭から真上へ指4本分くらいのところにあるツボです。

次にお灸です。

お灸っておばあちゃんがするんじゃないの?って思う人がいるかもしれません。でも、今はシールで簡単にくっつけられるアロマ灸などがあってアンチエイジングに効果大なのです。

先に説明した美容ツボにお灸を置くことによって、施術部周辺を温め、血行を促進する作用があります。また、そのことによって白血球を増加させるため、灸を受けた身体は免疫力が向上します。

そのほかには?

その他にも鍼や、食物療法、足湯で足をあたためる。

西洋医学の薬は飲んで即効性があるけど、東洋医学の漢方は長期間服用を続けることによって効果があらわれます。それと同じでこのツボやお灸も継続的にすることによって効果があらわれてくるものです。今の努力が10年後の若さを勝ち取ると思って、楽しくアンチエイジングをしましょう。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
東洋医学って?西洋医学の違いはなに?アンチエイジング効果
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事