ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

子供と楽しく遊べて小学生の自由研究にも使えるシャボン玉の実験

大きくふくらんだ虹色のシャボン玉がふわふわと青空へ。「わーい、飛んだ、飛んだ」それを追いかけて、おとなも子どももにこにこ笑顔。
シャボン玉液と道具を工夫して、大きくて割れにくいシャボン玉を作ってみましょう。夏休みの宿題で出る苦手な「自由研究」のテーマでも使え楽しく実験できます。
4345cf536005473d9db34719aeb6dbee_m

スポンサーリンク

簡単にできるシャボン玉液の作り方

家にある材料で簡単にシャボン玉液を作ることができます。合成せんたく糊をいれることで、粘りを出して膜を伸びやすくします。

材料

  • 水道水      100ml
    一度沸騰させ、不純物をのぞく。
  • 台所用洗剤    10ml
    ボトルの裏側を見て界面活性剤40%以上のもの。
    「チャーミー泡のチカラ除菌EX」「キュキュット」など。シャボン玉は界面活性剤の濃度が影響するので、濃度が低い場合は、20mlに増やす。
  • 合成せんたく糊  50ml
    PVA(ポリビニルアルコール)が含まれているもの。
    「クラノール」や「ポパール」など。

(水道水:台所用洗剤: 合成せんたく糊=10:1:5の割合)

作り方

  1. 洗面器に台所用洗剤と水(できれば60~70℃のお湯)を入れる。
  2. 1に合成せんたく糊を入れ、洗面器の底にあるヌルヌルがなくなるまでよく混ぜる。液が泡立たないようにゆっくり、ていねいにかき回す。

ぬるま湯を使うと良く混ざります。泡は取り除き、取っておいてあとで使いましょう。または、溶液をペットボトルなどに入れて、一日置いておくと泡が消えます。

道具

  • ストロー(なるべく太い物)の先の4か所に縦に切れ目を入れ、花のように開く。誤飲を防ぐため、吹き口から3cm下に空気穴を開けておく。
    ストローの先にシャボン玉液をつけ、息をゆっくり長く吹き込めば、大きなシャボン玉がくるくると空に向かって飛び立ちます。
  • クリーニングハンガーを広げ、ハンガーのねじってある部分を円形ギリギリまでペンチで更にねじり、円形にしたものに毛糸やモールを巻く。

割れにくいシャボン玉液

砂糖を混ぜるとシャボン玉の膜を強くして、割れにくいシャボン玉ができます。グリセリン(薬局等で売っている)、はちみつガムシロップなどもおすすめです。そのほか、ねばねば、べたべたしているものを入れて試してみましょう。分量は、それぞれ工夫してください。液はべたつくので、シャボン玉は外で飛ばしましょう。

スポンサーリンク

材料

水道水       300ml
台所用洗剤      30ml
合成せんたく糊    30ml
グラニュー糖(なければ上白糖) 10g
(ただし、湿度や温度によって分量の調整が必要)
ていねいに混ぜて、砂糖が完全に溶けることが大事です。

巨大シャボン玉の作り方

道具を工夫して、大きくて長いシャボン玉をつくることもできます。

材料

水道水       1600ml
台所用洗剤      200ml
合成せんたく糊    200ml
グラニュー糖(なければ上白糖) 20g

道具

  1. 巨大シャボン玉ロープをつくる。
    綿ロープ(直径5mm)3mを輪にして支柱(園芸用のものなど)2本を輪の両端にタコ糸で固定する。完成した後、10分以上つけて汚れを取る。
  2. 洗い桶にシャボン玉液を入れ、巨大シャボン玉ロープを浸してからゆっくりと輪を広げる。
    風があるとシャボン玉は、15mぐらい長く伸びます。

上手くいけばシャボン玉の中に人が入れるようになります。

シャボン玉を触っても割れないようにするには?

シャボン玉は、触ればすぐに割れてしまいます。シャボン玉を触っても割れないようにできたら子供と遊び方も幅広くなるのではないでしょうか?

シャボン玉を触っても割れないようにするには、シャボン玉を触る手や触れるモノにシャボン玉と同じ液体を掛ければ触れる用になります。

お風呂でシャンプーをしてシャボン玉を作ってシャボン玉を手に乗せるようなイメージです。

まとめ

 シャボン玉はすぐに割れるものですが、ちょっとした工夫で遊び方も広がります。

シャボン玉を作るときに臭いがついたものを中に入れれば割れたとき周辺に臭いが広がります。探ってみれば自由研究のテーマとして最適です。

濃度を変えてみたり、基本のベースに思いもよらないものを入れてみたり、静電気を起こして浮かせてみたり、いろんなものを混ぜて、触れさせて実験してみると充実した自由研究の結果が出てくるでしょう。楽しくできて夏休みの宿題も終わっちゃう。一石二鳥ですね。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
子供と楽しく遊べて小学生の自由研究にも使えるシャボン玉の実験
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事