ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

大人にも増えている百日咳の症状や治療法

スポンサーリンク

百日咳とは

百日咳は、百日咳菌の細菌による飛沫感染によって引き起こされる急性の感染症です。乳幼児の時期の定期予防接種の対象になっています。ワクチンの効果は一生続くわけではないので近年では年長児や大人の罹患率(りかんりつ)が高くなってきています。

症状

症状は特徴的で、始めに短い間隔で咳がコンコンコンと連続的に出るようになり、次には息を吸い込みながら、ヒューというフーピングと呼ばれる呼吸音を出すようになります。

このようなコンコンコン、ヒューの痙攣的(けいれんてき)な発作が数分から30分くらい続いて、嘔吐を伴うこともあります。潜伏期間は1週間から2週間くらいで、ふつうの風邪症状から次第に咳が強くなってきます。

咳がよく出ることで喘息と間違われるケースもありますが、喘息発作では息を吐く時にヒューという呼吸音が出ますが、百日咳では、息を吸い込みながら、ヒューという呼吸音が出ます。
1

出典:http://www.miyake-naika.or.jp/

スポンサーリンク

大人は気がつかないうちに自然と治まってしまう場合もありますが、生後6ヶ月未満の乳児の場合には、気管支が弱くて、息を吸い込む力が弱いために特徴となる症状があまり出ません。

そのために肺炎や脳症を併発して危篤状態に陥る事がありますので、感染した場合には特に危険です。乳児は感染している年長児や大人の咳から感染したりしますから、注意が必要です。

治療法

発熱のない原因不明の咳が続いたら、早めに受診することが大切です。一般的には、百日咳と診断された場合は抗生物質を服用します。服用を始めてから1週間くらいで百日咳菌の感染力は無くなります。

咳が出なくなることがありますが菌はまだ体内で生きています。死滅するまでは約2週間、継続して服用する必要があります。ただし、咳が出始めてから3週間くらい経ってしまうと、抗生物質が効かなくなってしまいます。

抗生物質と併せて、水分を十分に補給して痰を出しやすくしたり、十分な休養と栄養を摂って咳による体力の消耗を抑えることも重要です。

妊娠と乳児の場合

妊娠中の場合であってもワクチン接種は可能ですが、その効果が百日咳の危険性を上回ると判断された場合にのみ処方されています。

乳児は、呼吸困難を起こした場合には入院して気管チューブ挿入による機械呼吸や、酸素の補給や点滴を行ったりします。

英語では百日咳の特徴を捉えて、百日咳のことをフーピングコフと言います。乳幼児期には医師がいつも予防接種をチェックしていますから、定期健診は必ず受けるようにしましょう。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
大人にも増えている百日咳の症状や治療法
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事