ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

ハロウィンの豆知識!いつから日本で大人気のイベントになったのか

ここ数年、日本でもハロウィンが一大イベントになるような兆しを見せ始めています。日本で最大のイベントというとクリスマスですが、恋人がいない人にとってはそれほど大事なイベントでもありません。一方、ハロウィンは恋人など関係なく友達同士や子供など老若男女問わず楽しめるイベントとして人気を集めてます。

スポンサーリンク

ハロウィンはいつから

1983年、東京原宿のキディランドがハロウィンのパレードを行ったのが、日本での最初の本格的なものだった言われています。更に大きく発展させたのは、1992年から2000年まで、東京の二子玉川にあったナムコ・ワンダーエッグが毎年開催したハロウィンイベントです。

ハロウィンとは毎年11月1日の万聖節の前夜祭ですから、10月31日がハロウィンの日です。いくら子供にとって重要であってもこればかりは正式な振り替え日はなく、週のどの日であっても、雨が降っても雪が降っても、10月31日になると子供たちがTrick or Treatに家々を廻ります。

ハロウィンの行事

f38bd663b42d2b786054fea4339eb583_s

ジャック・オー・ランタン

最もハロウィンらしいのは、オレンジ色のパンプキンをくりぬいて作ったジャック・オー・ランタンです。もともとは天国へも地獄にも行けないランタン持ちの男の意味で、スコットランドはルタバガという大きなカブの一種で作ります。

北米ではたくさん採れる大きなオレンジ色のパンプキンを使います。怖い顔や滑稽な顔を作って、悪霊を怖がらせて追い払うのです。

スポンサーリンク

Trick or Treat

子供たちが、お菓子をくれないと、いたずらしちゃうぞ、という決まり文句のTrick or Treatを言って各家のドアを叩いて廻る日でもあります。

カナダでは30年位前から少しずつ変わってきています。今では、アパートやマンションでは、ロビーにしつらえたテーブルから訪れる子供たちが自由にお菓子を取れるようにして、各家には行かないようにするところが一般的です。

小さな子供は保護者付き添いで、知らない家にはあまり行きません。昔のように仮装した子供たちだけで賑やかに廻るのは、一部の中学生を中心とした年齢層に限られてきています。

その代わり、家庭やイベント会場での仮装パーティが増えています。知らない人から食べ物を貰ってはいけない、という親のしつけが浸透しているのでしょうね、お菓子を貰ったとしても食べない子供も多いようです。

仮装

北米で盛んな仮装は恐ろしいものばかりではなく、子供には人気キャラクターのお姫様やそのほかのヒーローたちが人気があり、大人は見る人に不快感を与えないものであれば何でもかまわないようです。

もちろん学校でも、必ずと言って良いほどハロウィンには仮装パーティを開きます。季節になると、店先は様々で色とりどりの子供用ハロウィン衣装で賑わいます。

日本の場合には、人恋しくなる秋の行う全国的なお祭りが少ないことが、ハロウィンが浸透しやすかった理由と言われています。しかしクリスマスのように、日本人は平和なイベントが大好きなのかもしれません。

スポンサーリンク

芸能人もリピーター続出の冷凍ピザ

冷凍ピザとは思えない、手伸ばし窯焼き生地の美味しさに、 「冷凍ピザの概念が変わる」と大好評です!値段も宅配ピザと比較して半額!解凍もオーブンでたったの6分できちゃう♪

大人気過ぎて現在2ヶ月待ち★予約は、お早めに♪

大好評のピザに続き、パエリアも登場
ハロウィンの豆知識!いつから日本で大人気のイベントになったのか
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事