デスクワーク中に簡単にできる!肩こりや腰痛を椅子に座ったままで解消する方法

デスクワークで、ディスプレイをにらめっこしながら、同じ姿勢でキーボードを叩き続ける、こういうワークスタイルが最近多いですね。

1時間に1回はオフィスから離れて、数分の柔軟体操をすることが勧められていますが、現実にはそんな暇もないことが多いかと思います。

そこで、椅子に座ったままでも、筋膜ストレッチをして、身体を簡単に柔軟にすることができる体操を探してみました。

スポンサーリンク

腰痛のためのストレッチ

出典:http://higherperspectives.com/

1

  1. 椅子座り、背中を椅子の背もたれかけます。片足のふとももを持ちます。ふとももを胸に近づけ、30秒間保持します。
  2. 逆の足をもち、同じように胸に近づけて保持してください。

肩こり予防のストレッチ

2

  1. 深呼吸で鼻から息をすいながら、イラストのように、首をぎゅうとすくめます。その状態で3秒間保持します。
  2. 息を吐きながら、イラストのように、ゆっくり肩を下ろし、脱力します。
  3. これを10回行います。

タイピング痛予防のストレッチ

3

スポンサーリンク
  1. 両手をグーの形に握ります。
  2. 手首をまわしてやります。
  3. 時計回りと反時計回りで回します。

首筋の痛み予防のストレッチ

4/

  1. 手を頭の後ろに回してやります。
  2. 肩甲骨を寄せるように、腕全体を後ろに寄せます。30秒間保持します。
  3. ゆっくりと元に戻します。

首と肩こりのためのストレッチ

5

  1. 右手を左肩へ、左手を右肩にしてイラストのように自分を抱きしめる形にします。
  2. そのまま、深呼吸します。30秒間保持します。
  3. ゆっくり腕を放してやります。

最近の研究で、身体のこわばりというのが、筋肉が固まって動きにくいというより、「筋膜」というものがおかしくなって、身体の不調が出ていると言われています。

ずっと動かないでいると、筋肉を取り囲んでいる「筋膜」という膜が堅くなってしまい、そのせいで肩こりがしたり、身体全体が固まってしまったような感覚に陥ることがよくあります。今回の簡単なストレッチ体操をすることで、「筋膜」を緩めることができます。また、末端の血行がよくなったりする効果が期待できます。

1時間に1回でもストレッチして、身体がずっと楽になると、アイデアもわきやすくなる効果があるかもしれませんね、

スポンサーリンク
デスクワーク中に簡単にできる!肩こりや腰痛を椅子に座ったままで解消する方法
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事