ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

エイズ患者に触れただけでは感染しない!偏見をなくす勇気ある行動に絶賛!

エイズというのはHIVというウイルスの感染によって起こる病気です。よく誤解されますが、手を触れたりしたくらいでは、ウイルスがうつることはありません。ハグでもうつりません。頬にキスしたってうつらないのです。

HIVが感染するのは、セックスと、母子感染つまり出産によるとき、そして血液感染、直接血液と血液を混ぜてしまうようなこと、つまり麻薬使用者などの限られた時なのです。

つまり、日常生活でふれあっても感染することはありません。

スポンサーリンク

HIV感染者の、ある勇気ある試み

HIV感染者で、フィンランド在住のジェンさんが、勇気ある試みをしました。
彼は広場にたって、

私はHIVに感染しています。私に触れてもらえますか?

そう、札に書いて立ったのです。

1
出典:http://buzzmag.jp/

ジェンさんがどのような結果で感染したのかはわかりませんが、ただひとつの病気でいるだけで、日常生活で接触さえ避けられる日常に、疑問があったであろうことと推測することはできるでしょう。

人々が「エイズは触れてもうつらない」という常識を知っているかどうか、彼のチャレンジはそこに掛かっています。

札を置いた、目をつぶり、立っているジェンさん。

広場の人々はその立っているジェンさんを遠巻きに見るだけで、特に抱きしめようとしない状況が続きます。

やはり、エイズの偏見はまだ薄れていないのでしょうか。エイズ患者は、「触れてはいけない存在」なのでしょうか?
2

スポンサーリンク

出典:http://buzzmag.jp/

しかし、そのうち、ジェンに触れて、応援していく人たちが増えていきます。
3

出典:http://buzzmag.jp/

抱き合う子どももいます。

4

出典:http://buzzmag.jp/

最後には、人々の温かさに感動して泣き出してしまうジェンさん。

5

出典:http://buzzmag.jp/

エイズ患者に対する偏見は多くの人が持っている

自分自身は正しいことをしていたとしても、ジェンさんは心の中では、エイズ患者はひとびとに受け入れられないのではないか、そういう不安をずっと抱えながら立っていたのではないでしょうか。

偏見を持たれる人たちは、日頃はにこやかに笑っていても、内心怯えて暮らしています。そこに、優しさをもって接していけるのが、人間というものではないでしょうか。

日本は毎年1万5千人ものHIV感染者が増加していく、先進国でも唯一のHIV感染者増加国です。

もはや、けっして、エイズは他人の国の病気でもなんでもなく、普段私たちもすれ違っている日常なのです。

もし、友人が同じようにエイズになったとき、正しい知識をもって抱きしめられるような社会であってほしいと、心から願います。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
エイズ患者に触れただけでは感染しない!偏見をなくす勇気ある行動に絶賛!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事