七五三の時期はいつ?何のお祝い?意外と知らないアレコレ!

七五三と聞けば、3歳、5歳、7歳のお祝いでしょ?では、何のお祝い?って聞かれて答えれる人は若い世代は特にそう多くないでしょう。日本の文化で、古風な文化は知識浅く知らない人が多くいます。今回は七五三について知っておくと助かる知識をお伝えします。
5221ab735656a92c6b5592301edbe7ba_s

スポンサーリンク



七五三とは

1681年に江戸幕府第5代将軍である徳川綱吉の長男の成長を祝って始まったのが、始めだとされています。

その紀元は平安時代や室町時代からあったとされますが、江戸で武家社会を中心に旧暦の11月15日に定まった後で京都、大阪でも行われるようなり全国にも広まりました。

当時は乳幼児の死亡率が高かったので、今まで無事に成長したことを感謝して七五三を祝ったと言われます。

旧暦の11月15日が新暦の11月15日になったのは、明治時代からです。したがって、今年も七五三は11月15日になります。

七五三の年齢ごとの意味

3歳

 3歳は髪置(かみおき)の儀で、髪を剃っていたそれまでの習慣を終えて、男女とも髪を伸ばし始めるときです。

3歳まで髪を剃っていた習慣は女の子に多かったそうです。

5歳

 5歳は袴儀(はかまぎ)で、男の子が大人の衣服である袴を着用し始めます。  

7歳

 7歳は女の子の帯解(おびとき)の儀で、大人と同じ幅広の着物帯の装い始めます。

七五三の行事って何をするの?

 その土地の氏神神社へ出かけて御祈祷をしてもらいます。現在ではお宮参りをした大きな神社などへいく人と、近所の神社でゆっくりお参りする人と、両方のケースがあります。

御祈祷の謝礼には「御初穂料」を用意します。

御初穂料の相場は ¥5,000- です。

七五三に付きものの千歳飴は、細く長くなっていて、縁起が良いとされる紅白の色がつき、縁起が良いとされる鶴亀(つるかめ)や松竹梅などの図柄の袋に入っています。

これも子供の長寿への親の願いが込められているとされます。

スポンサーリンク

七五三で着るもの

女の子は、大体がちょっとオシャレな洋服か着物です。男の子の場合にはスーツにするか袴にするか、迷う親御さんが多いようです。

スーツは着るのにも楽ですが、小さな男の子が袴を着るとなかなか見栄えも良く、第一袴を着る機会は他には滅多にありません。

御祈祷をする神社での統計は、男の子は袴が多いです。ただし5歳のお祝いになると、小学校の入学式も控えているのでスーツが多くなる地区もあるとのことです。

また、スーツだとお参りの帰りに食事には立ち寄りにくいようです。それぞれの地区によって習慣もあるので、地元の人たちに聞いてみるのも良い方法です。

七五三用の女の子の着物は、セットで5000円くらいから10万円以上のものまで、値段の幅が大きくなります。

男の子の袴の場合も含めて、レンタルで簡単に済ませる家庭が増えている傾向があるようです。男の子のスーツであっても、育ち盛りということであまり大きめのサイズにしてしまうと、ブカブカして良くないようです。

この場合でも、レンタルは人気があります。

レンタルは着付けを含めて2万円くらいからあります。ただし、レンタルの場合にはもしも汚してしまったときのクリーニング料が高いので注意が要ります。

着物の相場   

5,000円~   ピンからキリまであります。

レンタル相場

20,000円~

着物を買うという手段もいいですが、子供の成長は早く着る機会は1度きりになる場合もあります。
買うのがもったいないというのであれば、レンタルでちょっといいものを着せてあげるのも良い手段です。

七五三は写真に残る、良い思い出のひとコマです。慣れない草履を履いて歩きにきかったとか、後になって話題の種を提供してもくれます。

子供の健康を願って、ぜひ楽しい思い出ずくりの一日を過してみたいものです。

スポンサーリンク

七五三の時期はいつ?何のお祝い?意外と知らないアレコレ!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事