活性酸素の除去した水素水!奇跡の水と称されるその効能とは

3a4d945d3da1455d862ed5d422815664_s
近年、週刊誌や雑誌でも取り上げられ、健康ブームの一端を担っていると言われる水素水。ただなんとなく健康に良さそう・美容に効果がありそうという理由で飲んではいるものの、実はあまり水素水について詳しく知らないという人も多いのではないでしょうか。

今回は水素水がもたらす驚くべきメカニズムと、水素水の効果的な飲み方などご紹介します。

スポンサーリンク



身体のあらゆる不調の原因は活性酸素

人間を始め、ほとんどの生物は酸素を吸って生きています。

酸素を体内に取り込み、脂肪や糖分を燃やすことでエネルギーが発生、このエネルギーにより人は動いているのですが、燃えた後に残った酸素の約2%が、「活性酸素」として生まれます。

活性酸素は強い酸化作用のある物質ですが、全てが悪いわけではありません。善玉と呼ばれる活性酸素は、身体に侵入した異物を排除するための免疫機能を担います。

しかし悪玉と呼ばれる活性酸素は、正常な細胞やDNAなどを傷つけ、身体の中で不必要な破壊活動を行います。

実はこの破壊活動こそが老化の原因になるのです。

活性酸素は飲酒・喫煙・食品添加物の他、紫外線やストレスによっても増え、脳卒中や糖尿病、動脈硬化など200種類以上の病気の原因となる「万病の元」なのです。

スポンサーリンク

活性酸素の除去こそが水素水の真骨頂

このように様々な病気を引き起こす活性酸素ですが、水素水にはこの活性酸素を取り除く効果があるのです。水素は通常、二つの原子が結合しており簡単には離れませんが、他の原子といつでも結合できる状態になると、単独の存在「活性水素」となることがあります。

この活性水素こそが、活性酸素と結びつき、無害な水となることで、活性酸素の破壊活動から身体を守るというわけです。そしてこのメカニズムにより、老化を始め、ありとあらゆる病気の予防・改善が行われる「奇跡の水」と称されるゆえんです。

正しい飲み方でより効果的に

飲むだけでも美容と健康に効果のある水素水ですが、飲み方を工夫することでその効果を最大限に活かすことができます。

まず、水素水の中に含まれる水素が非常に酸素と結びつきやすいということはすでに説明しましたが、これは空気中の酸素とも結びついてしまうということです。

つまり、空気に触れた状態で放置すると、どんどん活性水素がなくなってしまうというわけです。

開封したらできるだけ早く飲むほうが良いですが、どうしても残してしまう場合はしっかり密封しておきましょう。また、温度は常温がベストです。

冷たい水を飲み過ぎると内臓の機能が低下してしまい、上手く体に働かない可能性があります。逆に熱すぎると、活性水素が抜けやすくなってしまうので、こちらも避けた方がよさそうです。

飲む量についても、一度にたくさん飲むよりは、こまめに取る方が良いという研究結果もありますので、喉が渇いたときに一気に飲むのは避けた方が良いでしょう。

ただどうしてもコスト的な問題もあります。そういった事情を考慮しつつ、良いバランスで長く飲み続けていくのが最も効果的であると思います。

これからも水素水と上手に付き合い、健康な生活を送っていきましょう。

水素水は「奇跡体験!アンビリバボー」でも取り上げられ、判りやすく解説されています。

スポンサーリンク

活性酸素の除去した水素水!奇跡の水と称されるその効能とは
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事