ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

ズル休みの理由に最適?学校や会社を休まなければいけない感染症・病気

皆さんは、学校や会社を休まなければいけない病気と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。ほとんどの人はきっと「インフルエンザ」を思い浮かべるでしょう。

感染症の代表みたいなもので、そもそも動けないくらい辛い病気なのですが、大切な仕事があるからと無理に出社しても、他の人に移してしまうリスクの方が高いので、基本的には休まなければ迷惑がかかってしまいます。

しかしいくら病気だからと言って休んでしまうと、その間働けないわけですから、給料はどうなるのか、学校なら内申に響かないのか等、色々心配するところです。

では実際法律でどう定められているのか、具体的に休まなければいけない病気はあるのか等、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

学校の場合の出席停止になる感染症

 学校を休まなければいけない具体的な病名や出席停止期間については、「学校保健安全法」という法律によって具体的に定められています。

第一種の感染症について

エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘瘡、南米出血熱、ペスト、マールブルグ熱、ラッサ熱、ポリオ、ジフテリア、鳥インフルエンザなど、第一種の感染症は「完全に治癒するまで」出席停止となります。

第二種の感染症について

 第二種の感染症についてはそれぞれ細かく設定されており、それぞれ以下の日数まで出席停止となります。

結核、髄膜炎菌性髄膜炎
医師が感染のおそれがないと判断するまで

インフルエンザ(鳥インフルエンザ、新型インフルエンザは除く)
発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては、3日)を経過するまで

百日咳
特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで

麻疹
解熱後3日を経過するまで

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで

風疹
発疹が消失するまで

水痘
すべての発疹が痂皮化するまで

咽頭結膜熱
主要症状が消退した後2日を経過するまで

第三種の感染症について

コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎など、第三種の感染症は、医師が伝染の恐れがないと認めるまで出席停止となります。

その他、出席停止の措置が取られる可能性がある病気として以下のものもあげられます。

溶連菌感染症、ウイルス性肝炎、手足口病、伝染性紅斑(りんご病)、ヘルパンギーナ、マイコプラズマ感染症、流行性嘔吐下痢症、アタマジラミ、水いぼ(伝染性軟疣腫)、伝染性膿痂疹(とびひ) など

基本的には医師や学校と相談して決めることになりそうです。

また、出席停止の日数は欠席扱いにはならないとのことなので、その内申点に響くことはなさそうです。

スポンサーリンク

会社の場合の出席停止はどうなっているのか?

会社の場合は少し複雑で、労働安全衛生規則61条と、感染症法第18条に定められています。

労働安全衛生規則については以下の通りです。

労働安全衛生規則 第三節 病者の就業禁止
第六十一条  事業者は、次の各号のいずれかに該当する者については、その就業を禁止しなければならない。ただし、第一号に掲げる者について伝染予防の措置をした場合は、この限りでない。
一  病毒伝ぱのおそれのある伝染性の疾病にかかつた者
二  心臓、腎臓、肺等の疾病で労働のため病勢が著しく増悪するおそれのあるものにかかつた者
三  前各号に準ずる疾病で厚生労働大臣が定めるものにかかつた者

基本的に感染の危険がある病気にかかった場合は就業禁止になると定められているようです。

そして、感染症法では以下のように定められています。

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)
第十八条  都道府県知事は、一類感染症の患者及び二類感染症、三類感染症又は新型インフルエンザ等感染症の患者又は無症状病原体保有者に係る第十二条第一項の規定による届出を受けた場合において、当該感染症のまん延を防止するため必要があると認めるときは、当該者又はその保護者に対し、当該届出の内容その他の厚生労働省令で定める事項を書面により通知することができる。

また、感染症法における一類~五類とは以下の通りです。

一類:エボラ出血熱、ペスト、痘そう、ラッサ熱など
二類:急性灰白髄炎、結核、ジフテリアなど
三類:コレラ、細菌性赤痢、パラチフスなど
四類:A型・E型肝炎、狂犬病、マラリアなど
五類:インフルエンザ、梅毒、麻しんなど

このように感染症法第18条では一類感染症、二類感染症、三類感染症についてしっかりと、就業禁止と定められています。また四類感染症、五類感染症についても労働安全衛生規則の方で就業禁止に該当するようです。

給料面での心配がある人も多いと思いますが、法律上は無休となっても問題ないようですので、残念ですが諦めましょう。早めの対処で早期復帰し、休んだ分を取り戻す方が賢明みたいです。

まとめ

 法律的な話はなしにしても、重大な疾病にかかってしまった場合はまずは病院へいきましょう。そして会社や学校は迷わず休み、完全に治るまで安静にすることが大切です。

動ける、動けないに関わらず、伝染させたらそれこそ責任が取れません。

一応法律にも具体的に病名や期間などが書かれていますが、あくまで目安だと考えましょう。最終的には医師に判断を仰ぎ、出勤しても問題ないと言われてから復帰するのが一番です。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
ズル休みの理由に最適?学校や会社を休まなければいけない感染症・病気
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事