ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

赤ちゃんにもやさしい耳かきの仕方!耳垢の正しい取り方

耳垢というと耳から出る排泄物のようで、不必要なゴミのようにもに思ってしまいがちです。耳垢は、耳を保護する役割も持っいます。

耳かきは毎日して常に耳の中をきれいにしたいでしょう。しかし、耳かきのやりすぎも耳を炎症させる原因となりあまり良くありません。

では、耳かきはどれくらいの頻度でどんな耳かきと仕方が良いのでしょうか?

スポンサーリンク

耳垢とは

耳のなかの古い角質、それに外耳道にある耳垢腺(じこうせん)と皮脂腺(ひしせん)から出る分泌物とホコリなどが混じったものが、耳垢です。

弱酸性になっているので、耳の穴から鼓膜までの外耳道での殺菌効果がありますし、湿度を保って耳のなかを守る働きがあります。耳垢には、カサカサした乾性耳垢とベトベトとした湿性耳垢の2つの種類があります。

日本人の場合は、約7割が乾性耳垢です。湿性耳垢というのは白人系に多く、褐色でアメ状の湿った湿性耳垢です。耳垢腺の数が多いと湿性耳垢になります。

また、日本人で耳垢が湿っているのは、耳の中に、アポクリン腺から水分とアンモニア、タンパク質、脂質の混じった汗をかいているからです。この場合には、汗が多く分泌された時に耳垢が臭く湿った状態になります。耳かき

出典:http://www.omagari-med.or.jp/

耳垢の掃除

基本的には耳垢の掃除は頻繁でなくて、2週間に一度ほどで良いようです。耳垢は外耳道の入り口に近い部分だけにできますので、顎(あご)を動かしていれば、外耳道から自然に外に出ていくようになっているからです。

耳掃除するときには入り口付近をそっと清潔な綿棒でぬぐうだけにして、耳の奥は触らないように、またかえって耳垢を奥に押し込めてしまうことがないように気をつけましょう。

耳掃除を過剰に行うと、耳が痛くなったり外耳炎を引き起こしたりします。

綿棒や昔からの耳掻きのほかに、電池で動くイヤーバキュームクリーナーというものも市販されています。振動と吸引で掃除をする安全設計になっていて安心して使うことができます。

耳垢の除去は公認の医療行為ですから、湿性の耳垢の人や子供、お年寄りは2ヶ月か3ヶ月に1度くらいクリニックで耳の掃除をしてもらうと良いようです。

スポンサーリンク

耳垢栓塞(じこうせんそく)

耳垢が大量に溜まって固まり、耳の穴を狭くしたり詰まらせる病気です。

過剰に耳掃除をした場合にも引き起こします。耳垢栓塞の症状は、耳の閉塞感、難聴、耳鳴り、自分の声が大きく響くなどの症状のほかに、のどや胃に不快感を感じたりします。

治療方法は、耳垢水という液体を使って耳垢をふやかして取ります。

赤ちゃんの耳かき

赤ちゃんは大人よりも新陳代謝が盛んなので、汗をかいたり皮脂で汚れたりします。

べたつく汚れも目立ちますが、耳奥には溜まりませんからお風呂上りなどに耳の手前の汚れだけを取り除いてあげましょう。

木製の耳かき棒よりも、当たりの柔らかいシリコンなどの素材のものが鼓膜を傷つけないので安心です。

子供の耳は小さいので、うっかりすると掃除のし過ぎで耳垢栓塞や外耳炎を起こしかねないようです。耳垢は全部取り去らなければいけないものではありません。あまり神経質にならずに耳の入り口近くを清潔に保ってあげるようにしましょう。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
赤ちゃんにもやさしい耳かきの仕方!耳垢の正しい取り方
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事