ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

【東京ディズニーランドマップ・ルート付】アトラクションファストパス取得攻略

 せっかく東京ディズニーランドまで来たのなら満足いくようにアトラクションを楽しみたい。誰しもがそう思うでしょう。

ディズニーランドのアトラクションは人気度が高い分待ち時間も長いと有名です。特に混雑時は3時間・4時間待ちも当たり前です。せっかく来たのに待ち時間だけで旅行が終わってしまう。というようにならないためにアトラクションに乗るための攻略方法をご紹介します。

スポンサーリンク

アトラクションに早く乗るにはファストパスが有効的

東京ディズニーランドのアトラクションの中でも比較的混雑するものにはファストパス(以下FP)という優先的に乗れるという券があります。

これは来場者全てに発券する権利があるもので、入園の際に必要なチケットを使って発券ができます。発券機にチケットのバーコードを読みこませると発券でき、一度発券すると一定時間(2時間ほど)、もしくはそのアトラクションに乗る時間が来るまで次の券は発券できません。

FPにはアトラクションに乗れる時間が記載されていて、各アトラクションによって、また混み具合によってその時間幅は様々で、30分から1時間程です。

発券しているアトラクション

  • ビックサンダー・マウンテン
  • スプラッシュ・マウンテン
  • プーさんのハニーハント
  • ホーンテッドマンション
  • スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー
  • スティッチ・エンカウンター
  • スペース・マウンテン
  • バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
  • モンスターズ・インク”ライド&ゴー・シーク!”

一つでも乗りたいアトラクションがあれば待たずに乗れるように、FPの仕組みと効率のいい取り方をお伝えします。

ファストパスは奥から狙う

map land

FPは開園してすぐ発券することができます。開園が8時だった場合は一番早いFPの時間は9時から乗れるものとなります。

つまりは開園して1時間の間はFPで乗れるゲストはいません。なのでこの1時間でどのように回るかがポイントになります。ではどこから取りに行くといいのでしょうか。

これは乗りたい乗り物によりますが、ここでは仮に苦手なアトラクションもなく、有名なジェットコースター系を中心に乗りたいとき、という前提で話をしていきます。

ここで『ビックサンダー・マウンテン』『スプラッシュ・マウンテン』『スペース・マウンテン』の3つに乗りたいと考えている場合、どこから行くべきでしょうか。

スポンサーリンク

現在のディズニーランドはFPが取れるアトラクションが入り口付近に集中しています。また比較的子供でも楽しめるアトラクションが多いため、朝一番はそちらに人が集中する傾向があります。

ですから先ほどあげた3つのアトラクションを全て乗りたいとなった場合は比較的入り口にあるスペース・マウンテンを避けてビックサンダー・マウンテンやスプラッシュ・マウンテンにいくとよいでしょう。

どちらのアトラクションもパーク内の一番奥のほうにあります。なので、入園してワールドバザールに入ってすぐ十字路を左に曲がります。するとシアター・オーリンズというミニー!オー!ミニー!を開催する会場が左手に見えてきます。そこでルートが二手に分かれますので右側を行きます。

その通りをぬけるとアドベンチャーランドに入ります。そのまままっすぐ抜けていくと地面の色がオレンジ色にかわってウエスタンランドに入ります。そこから左側にいくとビックサンダー・マウンテン、さらにまっすぐ進み、坂をあがっていくとクリッターカントリーに入りすぐがスプラッシュ・マウンテンです。

この二つのどちらかのFPをまずは取ります。そうすると大体最初の9時、もしくは遅くても9時半くらいまでのが取れるかと思います。その足で取らなかったもう一つのアトラクションにすぐ並びに行きましょう。(ルート 赤ライン)

最初の1時間は誰しもがスタンバイで乗るので多く並んでも30分程ではないでしょうか。乗り終わったら手前のスペース・マウンテンに戻り、最初のFPの時間がきて次のFPが取れるようになった時点ですぐとっておきましょう。この時点でこの3つのアトラクションを制覇することができるのです。

FPを有効活用するために

FPは限られた枚数しか発券されませんので乗りたいもののFPを取ることが一番でもありますが、中には優先順位を考えて、FPを取らないでも時間帯によってはある程度少ない待ち時間で乗れるアトラクションもありますので、その見極めも大事になってきます。

FPがあるアトラクションのうち、常にそこまで混雑していないもの、昼間のうちや、また夜になると比較的待ち時間が少なくなるアトラクションもあります。

まず常にアトラクションとして待ち時間が落ち着いているものは『スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー』(地図 黄色○印)です。こちらはリニューアルされて少し時間も経過しているせいか、普段からそこまで混雑はしておらず5分から30分ほどの間の待ち時間で乗れると思います。

また、『ホーンテッドマンション』(地図 青○印)も昼間でもショーなどをやっている時間や夜遅くなってくるにつれて待ち時間が少ないことがあります。ですからこの二つに関してはわざわざFPを取得しないでも乗れると思います。

また、現在新しいアトラクションとして『スティッチ・エンカウンター』がオープンしています。

今まで乗ったことあるアトラクションではなく新しいものを優先したいということであればこちらのFPを取得し、奥のほうのアトラクションへ向かってスタンバイで乗ることもよいのではないでしょうか。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
【東京ディズニーランドマップ・ルート付】アトラクションファストパス取得攻略
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事