ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

【東京ディズニーシーマップ・ルート付】アトラクションファストパス取得攻略

東京ディズニーランド同様にディズニーシーも人気のアトラクションは数多くあります。ファストパスを取得しようとしてもなかなか難しいです。
今回は、初めてディズニーシーに行く方でもわかりやすいように地図にルート付きでファストパスを取得できるようにご紹介していきます。

スポンサーリンク

アトラクションに早く乗るにはファストパスが有効的

東京ディズニーシーのアトラクションの中でも比較的混雑するものにはファストパス(以下FP)という優先的に乗れるという券があります。
ディズニーランド同様、来場者全てに発券する権利があるもので、発券の方法や乗車方法などもディズニーランド同様です。

ファストパスを発券しているアトラクション

  • タワー・オブ・テラー
  • トイ・ストーリー・マニア!
  • ストームライダー
  • インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮
  • レイジングスピリッツ
  • マジックランプシアター
  • マーメイドラグーンシアター
  • 海底2万マイル
  • センター・オブ・ジ・アース

ここからはFPの仕組みと効率のいい取り方をお伝えします。

FPは奥から狙うか人気のアトラクションをおさえておく

map sea
東京ディズニーシーのFPに関しても奥から狙うのは一緒なのですが、比較的長時間待つことになるであろうアトラクションを先にとる方がよいかもしれません。

現在東京ディズニーシーでは人気のあるアトラクションが多く、大人から子供まで楽しめます。若い方に人気があるアトラクションは『タワー・オブ・テラー』『センター・オブ・ジ・アース』、『インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮』です。

またお子様に人気のあるものは『トイ・ストーリー・マニア!』でしょうか。どれもスタンバイはかなり混雑しますので、一番優先順位の高いものからとるようにしましょう。

スポンサーリンク
タワー・オブ・テラー』と『トイ・ストーリー・マニア!』に関しては取りにいくルートは一緒です。入園してすぐゲートをくぐると目の前にはメディテレーニアンハーバーが見えてきます。

ハーバーを正面を見て左側へ進んでいきます。(地図 赤線①)ハーバー沿いに坂をあがっていくと正面にショップ『マクダックス・デパートメントストア』が見えてきます。

そのショップが見えてきたら、『トイ・ストーリー・マニア!』のFPを取りに行くのであればお店の左側へ、『タワー・オブ・テラー』のFPを取りに行くのであればお店の右側へ行きます。(地図 赤線②)

左にいって突き当りまでいくと左側に『トイ・ストーリー・マニア!』のアトラクションのあるエリアに到着します。右にいって正面に噴水のある公園が見えます。その公園を抜けて右側に『タワー・オブ・テラー』のFP発券機が見えてきます。
センター・オブ・ジ・アース』、『インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮』のFPに関しては反対方向です。

入園してゲートを抜けてハーバーが見えてきたら右に行きます。楽をしてしまうなら右に行った奥のところにあるアトラクション、『ディズニーシー・トランジットスチーマーライン』に乗車してしまいましょう。

降りて対岸側にあるのが『インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮』のアトラクションです。
そして先ほどのアトラクションには乗らず、その横にある階段をあがっていき、山の下を抜けていくとミステリアスアイランドというエリアに入ります。

そのエリアに入って山のふもとにあるのが『センター・オブ・ジ・アース』です。この4つのアトラクションは比較的人気ですぐにFPもなくなってしまいます。

まず優先順位をつけて、一つFPを取ったらあまったFPが開始される時間の前に他のアトラクションにできるだけ早く並びましょう。

FPを有効活用するために

ディズニーシーでも当然そこまで混雑しないで乗れるものがあります。
『ストームライダー』『マジックランプシアター』『マーメイドラグーンシアター』『海底2万マイル』(地図 ピンク○印)です。

この中でも『ストームライダー』と『マーメイドラグーンシアター』に関しては多少の混雑があるので状況によりますが、そこまで混雑しているイメージはありません。

また、『海底2万マイル』に関しては混雑しないときはFPを出さないときもありますのでご注意ください。
ですから当日の混み具合によっては見極めも大事になります。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
【東京ディズニーシーマップ・ルート付】アトラクションファストパス取得攻略
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事