ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

スタッドレスタイヤの選び方!最適な交換時期はいつ?おすすめのメーカーは?

タイヤ
 冬のスキーやスノーボードを楽しむため、雪道の運行に欠かせないのがスタッドレスタイヤです。スタッドとは、タイヤの滑り止めに使われる鋲(びょう)のことで、従来はこの鋲が付いたスパイクタイヤが主流でした。

しかし、粉塵公害など問題があったため、それを克服した形で開発されたのが鋲の無いスタッドレスタイヤなのです。

スタッドレスタイヤはメーカーや製品によって色々性能の違いがあり、どれでも良いというわけではありません。今回は知っておくと便利な、スタッドレスタイヤの選び方について解説していきます。

スポンサーリンク

基本的な選び方

一言で雪道と言っても色々な種類があります。凍った道、雪の積もった道、半分溶けて水が混じった道など、それぞれに対応できるスタッドレスが必要となります。

しかし、環境や状況によってこれらは変化し、どれかに対応できるだけでは足りません。従って、どんな雪道にも対応できるタイヤを選ぶことが大切です。
完全に凍って滑ってしまうアイスバーンでは氷に密着して引っかき、ふわふわの雪が積もる路面では雪を固めて蹴り出し、水と氷が混じった道ではしっかり水を弾き、乾いた通常の道でも静かに走行する。

どんな冬道でも安定して走ることができる、そんなスタッドレスタイヤを選びましょう。

スタッドレスタイヤの交換時期・費用

スタッドレスタイヤは、タイヤの表面の溝が50%以上削れてしまうと、性能が著しく低下してしまうため、これが交換のタイミングとなります。

タイヤの溝50%の位置には、プラットホームと呼ばれる溝から突き出た部分があり、タイヤの消耗がこの位置まで達するとプラットホームが露出するので、素人でもこれで判別することができます。

プラットホームの位置はタイヤのサイドに矢印が付いているので、すぐ見つかります。安全のために、定期的に確認しておきましょう。

タイヤの交換サービスは、ガソリンスタンドでも車屋さんでもさほど変わらず、1本500円ほどで交換してくれます。4本で2000円ほどですので、ホイールバランスやオイルなどの点検も兼ねるなら頼んだ方が良いですね。

スタッドレスタイヤの保管

スタッドレスタイヤの性能を保つために、メンテナンスや保管方法は大切です。まず、スタッドレスタイヤの命である溝には、泥や油などの汚れが溜まりやすいので、しっかりとブラシで汚れを落としましょう。

保管場所については、直射日光や雨のかかる屋外を避け、ストーブなど熱源のある場所には近づけないようにしましょう。倉庫に保管する際には、重いものを上に載せないようにしてください。

おすすめのタイヤ

国産か外国産では、できれば国産をおすすめします。なぜなら、日本は世界中でも特殊な環境の地域で、国産メーカーは日本の環境に適したタイヤを研究・開発しているからです。

各社しのぎを削って日々高性能なタイヤが開発されていますが、その中でも特におすすめのタイヤを紹介します。

スポンサーリンク
注意
インターネットで購入する場合は以下の事項を注意してください。
  • タイヤサイズは適切か
  • アルミホイールの有無

ブリジストン:BLIZZAK VRX

新開発の「アクティブ発泡ゴム」を使用し、雪道でも特に危険な氷上性能に優れています。国内シェアトップのブランド力による信頼性・安心感もありますが、その分価格は高めです。

ヨコハマタイヤ:iceGUARD 5 PLUS

進化した「スーパー吸水ゴム」を採用し、滑る原因である水分をしっかり吸収、氷上にピタッと密着することでゴム本来のグリップ力を発揮します。低燃費タイヤに力を入れているヨコハマタイヤは、耐久力も抜群です。

ダンロップ:WINTER MAXX

ナノレベルで氷に吸い付く「ナノフィットゴム」により、つるつるのアイスバーンでもピタッと止まります。ダンロップは濡れた路面に適したタイヤのノウハウがあり、水の混じった雪道でもしっかりと水を弾くのが特徴です。

さいごに

国産メーカーのスタッドレスタイヤは、滑りにくさ、耐久性など全てに優れていて、甲乙つけがたいです。

性能と同時に価格を抑えた廉価版もありますが、雪道でのスリップは命に関わりますので、価格より性能を重視する方が賢明だと思います。


雪道を通る可能性が少しでもあるなら、必ずスタッドレスタイヤを装着し、安心したマイカーライフを送りましょう。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
スタッドレスタイヤの選び方!最適な交換時期はいつ?おすすめのメーカーは?
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事