ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

大人も感染する!おたふく風邪(流行性耳下腺炎)の症状・治療法・予防法!

857a9d4ad98f4785b7c120b3b0e8220a_s
おたふく風邪とは、正式には「流行性耳下腺炎」というウイルス性の感染症です。

発症すると、耳の下から顎の下にかけて腫れ上がるのが特徴で、この様相が、頬が膨れた顔の面である「おたふく」に似ていることからその名が付けられました。

死に関わるような重い病気ではないものの、場合によっては生殖機能に後遺症が残るため、感染には注意が必要です。

今回はそんなおたふく風邪の詳しい原因や症状・予防法などを解説していきます。

スポンサーリンク

おたふく風邪の原因

パラミクソウイルス科の「ムンプスウイルス」が原因となり引き起こされ、咳やくしゃみによる飛沫感染・接触感染により広がります。

一般的には2歳から12歳の子供に感染する病気です。

稀に大人が感染することがあり、その場合は重症化するケースが多いので要注意です。潜伏期間は約2週間程度といわれています。

注意
おたふく風邪は、飛沫・接触感染によって広がりますので、人から人へとうつります。

おたふく風邪の症状

片方もしくは両方の耳の下辺りに痛みを伴う腫れ、38℃~39℃の発熱、頭痛・咽頭痛、膵炎などの症状があります。

感染しても症状が出ない場合もあるので、耳の下が腫れていなくてもおたふくかぜの可能性はあります。

症状自体は1週間ほどで消えますが、合併症に注意が必要です。

10人に1人の確率で無菌性髄膜炎を併発するほか、頻度は低いが難聴になるケースもあります。

また、思春期以降の男性で睾丸の腫れや痛みを感じる場合、精巣炎を引き起こしている可能性が高く、不妊症となることもあります。

おたふくかぜの治療法

現在、おたふくかぜに対する有効な治療薬はありませんので、対症療法を行うことになります。

そのため、治るまでは身体を安静にしておくことが大切です。また、医療機関では鎮痛剤・解熱剤、場合によっては抗生物質を処方されます。

病院に行かなくても自宅でできる対処法としては、アイスマクや熱さまシートなどで、高熱を下げてあげることができます。

スポンサーリンク

おたふく風邪の予防

1歳以上の子供は任意で予防接種が受けられ、一部の自治体では助成金が出ます。

おたふくかぜは基本的に一度免疫ができれば一生有効ですので、受けるタイミングはいつでも大丈夫そうです。

とはいえ、予防接種をしても確実に感染を防げるわけではないので、自衛が大切になります。

普段からうがいや手洗いを行い、人が多いところではマスクを着用し、規則正しい生活を心がけましょう。

まとめ

おたふく風邪は名前こそ知られているものの、発症する人が少なく、症状も軽いため、あまり詳しく知っている人は多くありません。

しかし、合併症により不妊症になってしまった場合、その後の人生に大きな影響を与えてしまいます。

特に成人男性では、発熱などの症状があっても病院へ行かない人も多く、最悪の事態を招きかねません。

そうならないためにも、病気の正しい知識を学び、万が一感染が疑われる場合は速やかに医療機関へ行きましょう。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
大人も感染する!おたふく風邪(流行性耳下腺炎)の症状・治療法・予防法!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事