ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

日本でも被害続出!竜巻から身を守る為の護身術

tatumaki出典:http://bitzedge.net/

 近年、日本で竜巻やダウンバーストの被害が増えています。日本は災害が起こりやすい国です。大きな災害としては、東日本大震災。最近では、火山活動も活発化してきています。

2015年は異常気象で高温で熱中症患者も続出しました。異常気象の影響がかかわっているのか定かではありませんが、竜巻の被害も日本で少なからず起きています。

今回は、もし竜巻に遭遇したらどう対処したらよいかをご紹介します。

スポンサーリンク

竜巻とは

積乱雲の底から垂れ下がる直径数10メートルから数100メートルの柱状の渦巻を竜巻と言います。

時速100キロ以上で移動し、最大瞬間風速は秒速が30メートルから100メートルに達するほど猛烈な風となります。

特に、台風や発達した低気圧に伴って発生する暖気竜巻のことを、ダウンバーストと呼んでいます。

気象庁の定義によれば、「激しい空気の渦巻で、大きな積乱雲の底から漏斗状に雲が垂れ下がり、陸上では巻き上がる砂塵、海上では水柱を伴う」ものが竜巻です。

竜巻の発生条件

竜巻は、気温の差、湿った空気、風向きの違い、の3つの条件がそろった時に起きます。

地上と上空の気温の差が大きくて湿気を含んでいると、上昇気流が発達して積乱雲を形成します。水蒸気が雲になるときには熱を放出するので空気が暖かくなり、さらにどんどんと上に昇っていきます。

そこに、違う方向に吹く風が同時にぶつかると、上昇気流が回転を始めて竜巻へとなっていきます。

竜巻注意報の発令基準

竜巻注意情報は、各地の気象台が雷注意報の補足としてほとんど各県ごとを対象に発表しています。

発生確度2が表示された時点で、竜巻発生確度ナウキャストで発表し、有効期間は発表から1時間です。

スポンサーリンク

竜巻の予報は、現状では数十分後から3時間後くらいの短時間予測が中心ですので、翌日などの長時間予測をする場合には、大気の不安定による突風という表現で注意を促しています。

発生確度2とは

竜巻などの激しい突風が発生する可能性があり、注意が必要な状態。

予測の的中率は5%から10%程度、捕捉率(ほそくりつ)は20%から30%程度です。

竜巻の対処法・護身術

屋外に居る場合

  • なるべく近くの、鉄筋コンクリートのビルなど、頑丈な建物に避難します。時間が無くてビルの内部に避難ができない場合は、建物の物陰に入って頭の位置を低くして身をかがめます。
  • 近くに頑丈なビルがないときには、なるべく近くにある水路やくぼみを見つけて体を横たえ、両腕を頭と首に回して守ります。
  • 屋外の車庫、物置、プレハブなどの仮設建築物への避難は危険です。
  • 避難する時には、風で飛んでくる物体が危険ですから、十分注意します。電柱や樹木も倒れたり飛ばされたりすることがありますから、危険です。丈の低い潅木の茂みがあれば、その根元にしゃがみこんで両手で潅木の太目の幹をしっかりと掴んでいた方が危険度が低くなります。

屋内に居る場合

  • 地下室や1階で窓の少ない、家の中心部に近い部屋に移動します。
  • 飛んでくる物によって窓ガラスが割れたりしますから、できるだけ雨戸やシャッターを閉め、窓やカーテンも閉めます。窓際、部屋の隅、ドア、外壁からは離れて、なるべく部屋の中央区域にいるようにします。
  • 丈夫なテーブルや机の下に入って、両腕で頭と首を守れる姿勢をとります。

近年は気候風土の問題が原因なのか、竜巻も多く発生しています。

日本でも被害が出ているようですが、カナダでも被害が出ます。アメリカではダントツに多く発生して、毎年竜巻の通り道と言われる地区では多くの被害が出ています。

高速道路を運転中に竜巻に出会ったら、車を捨ててどこかの橋げたなどに避難しないと危険だと言われています。

竜巻に限らず、どこで突然災害が起こるか予測がしがたい世相にもなっていますので、いつでも災害に備えて対処できる心構えが必要なようです。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
日本でも被害続出!竜巻から身を守る為の護身術
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事