ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

年越しあなたは誰とどこにいますか?日本とスケールが違う世界のカウントダウン紹介

 あなたは今まで誰とどこでカウントダウンを過ごしてきましたか?

 若いころは恋人や友達とカウントダウンイベントへ。結婚して子供ができるとそれぞれの実家で家族で過ごすことが多くなりますよね。

ここではいろんなカウントダウンの過ごし方をご紹介します。

スポンサーリンク

あなたはカウントダウンを誰と過ごしますか?

 カウントダウンの過ごし方は十人十色みんなそれぞれだと思いますが、実は日本の全人口のうち、大晦日を家族で過ごす人が8割もいます。

残りの2割が恋人や友達と。

 外国では日本ほどお正月に重きをおいていらず「ただ年が新しくなるだけ」という考えの国が多いようです。

日本では年越しから正月三が日を始めとし鏡開きやどんど焼きなどいろんな神事や行事があり、1年のうちでも重要な時期といえます。

世界のカウントダウン

上記では外国はあまりお正月を重要視していないと書きましたが、かと言ってなにもしないわけではもちろんありません。

外国では神事等があるところはあまりないようですが、新年をお祝いしないわけではなく、むしろ日本と同じように楽しんでいるのです。

世界のカウントダウンイベントをみてみましょう。

アメリカ

ニューヨークの中心にあるタイムズ・スクエア

ここには毎年世界各国から100万人を超える人が集まり、年越し30秒前からカウントダウンが始まります。

年明けと同時に打ちあがる花火と紙ふぶきで興奮は最高潮!!

ny

名物はもちろん恋人や家族と行われる熱いハグとキスです!

ny2

ハワイ

 ハワイでは爆竹が鳴り響く中でカウントダウンが行われるなど大賑わいの年越しです。

ワイキキビーチやアロハタワーではライブ演奏やファッションショーなど催し物も盛りだくさんで、独自のカウントダウンパーティが行われるホテルもたくさんあります。

ハワイ

イタリア

いつもは町中が歴史的建造物でどこか落ち着いた雰囲気のイタリアも、カウントダウンはお祭り騒ぎ!!

 

水の都ヴェネツィアでは足が濡れても気にしません(笑)

イタリア1

スポンサーリンク

イベントでは伝統の仮面で仮装してくる人もいます。

イタリア2

オーストラリア

 世界遺産のオペラハウスとハーバーブリッジを背景に上がるカウントダウンの花火は、年明けと同時に10分間空を覆いつくすほどの花火が上がり続けます。

また、日本と違って夏に新年を向かえるオーストラリアでは、寒さに震えることなくカウントダウンイベントが楽しめます。

オーストラリア1

オーストラリア2

フランス

 世界的にも有名なシャンゼリゼ通り。

フランスのカウントダウンはここシャンゼリゼ通りが歩行者天国になって行われます。

>町中に人が集まり、シャンパンを片手に祝い合います。

また“夜通し行う宴”という意味の「reveillon(レヴィヨン)」という単語がある国なので、お祝いモードはもちろん夜通し朝まで続きます。

フランス

カウントダウン夢の過ごし方

みなさんはどんなカウントダウンに憧れますか? 現実的かどうかは置いといて、みんなの夢と希望をみてみましょう。

  • 横浜ランドマークから横浜の夜景を見ながらロマンティックに
  • 夢の国東京ディズニーランドでカウントダウンパーティ
  • 隠れ家的な温泉旅館で好きな人と露天風呂に浸かりながらまったり
  • クラブの年越しパーティでみんなで踊りながら
  • 世界遺産の富士山に年越し登山
  • 世界中のカウントダウンイベントはもちろんですね

みなさんの夢のカウントダウンはありましたか?

今年はカウントダウンメールを送りませんか?

 「HappyNewYear!!」「あけましておめでとう!!」など年が明けてからメールを送る人が多いと思いますが、みんなが一斉に送るのでなかなか思い通りには送れませんよね?

 今年はみんなとひと味違う「カウントダウンメール(年明け直前でなくても大晦日なら○)」を送ってみませんか? ポイントはしっとりと和やかモードを心掛けること。

 想いを寄せるあの人に、今年いっぱいお世話になった恩師に、普段素直に気持ちを伝えられないご家族に。一緒にいても離れていても、そっと気持ちを伝えることができそうな気がしませんか?

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
年越しあなたは誰とどこにいますか?日本とスケールが違う世界のカウントダウン紹介
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事