コミュニケーション障害とも言われている聴覚障害の基準や等級!

13f4f0b3311c5808835d2e45e2e5099c_s

 聴覚障害者は、一見健康な人に見えても話したり聞いたりする事が困難になります。こういった話したり聞いたりすることが難しいことから一部ではコミュニケーション障害とも呼ばれています。

 聴覚障害者の基準はどのように決められ、どう分類されているのでしょうか?

スポンサーリンク

聴覚障害者とは

聴覚障害者とは、外部の音による情報を大脳に送る器官のどこかに障害があって聞こえにくいか、あるいは聞こえなくなっている人のことで、次のようにに分かれます。

  • 中途失聴者
  • 難聴者
  • ろうあ者

そして聴覚障害の種類には、伝音性難聴、感音性難聴、混合性難聴の3つの種類があります。

聞こえが不自由な人を聴覚障害者と言いますが、その聴覚障害者によって状況がさまざまに違うために、分類して定義することは非常に難しいとされています。中途失聴者と難聴者の場合にはほとんどの人が話すことができますので、この二つを併せて難聴者とする分類もあります。

一方ろうあ者とは、音声による言語を習得する前に聴く機能を失った人で、そのためにほとんどの人が手話を第一言語としています。

伝音性難聴

外耳や、中耳の障害によって音が伝わりにくくなっただけの難聴です。補聴器などを使って音を大きくすれば、よく聞こえるようになる場合がほとんどです。 治療によって症状が良くなる場合もあります。

感音性難聴

内耳や、聴神経、脳の障害による難聴です。老人性難聴も感音性難聴の一種とされています。音が歪んだり響いたりして聞こえて、言葉などが不明瞭になって聞き取りずらくなります。

補聴器などを使って音を大きくしてもよく聞こえない場合が多くあります。補聴器の音質や音の出力方法を、その人の状況に合わせて細かく調整することが必要です。

スポンサーリンク

混合性難聴

外耳、中耳、内耳など、伝音性難聴と感音性難聴の両方に関係した原因をもつ難聴です。

聴覚障害者の基準

聴力測定は、補聴器を装着していない状態で防音室において、純音オージオメータ検査で行われます。

オージオメータという器械で出した音をヘッドホンをつけて聴いて、どのくらい小さな音まで聞こえるかを測定するのです。

聴覚障害
出典:http://www.rionet.jp/

聴覚障害者とのコミュニケーション

聴覚障害はコミュニケーション障害とも言われ、人間関係を築く上で大変に重要な手段に関係する障害です。

それぞれの聴覚障害者が経験している困難は、他の人からは気づかれにくい面があります。

コミュニケーションの方法には、さまざまな方法があります。

  • 手話
  • 筆談
  • 口話
  • 聴覚活用

多くの場合いくつかの手段を組み合わせて、使い分けながら行われます。

いずれの場合でも大切なことは、相手に伝えたい、そして相手の言うことを理解したいという姿勢です。聴覚に頼らずに、視覚を重要視して相手の視線を捉えながら口の形がはっきり見えるように話をしましょう。

顔や体での表情だけでなく、口の形を示すことも大切です。指文字はゆっくりとはっきり、時には筆談も交えてお互いが正しく共通に理解していることを確認しあいながら、話をすすめていく心構えが大切です。

障害者は健常者と同じ権利をもった人たちです。基本的に対等な立場で社会に参加していく権利をもっているはずですから、私たちはそれぞれの立場からそれぞれの方法で支援していく必要があります。

スポンサーリンク
コミュニケーション障害とも言われている聴覚障害の基準や等級!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事