兵庫県民もおすすめ!楽しい旅にするなら行くべき観光スポット【定番】

兵庫県は、北は日本海に面し、南は瀬戸内海から淡路島を介して太平洋へと続いています。大都市、海や山、離島までさまざまな地域で構成され、温泉、日本海と内海の幸、灘の酒、六甲の山、世界に開かれた神戸の港など魅力いっぱい。

兵庫県のマスコットは元気に羽ばたくフェニックス「はばタン」です。今回は、兵庫県のおすすめの観光スポットについてご紹介します。

スポンサーリンク



日本初! 世界文化遺産・国宝 姫路城

1
シラサギが羽を広げた様な優雅な姿から『白鷺城』の愛称で親しまれている姫路城は、奈良の法隆寺とともに日本初のユネスコ世界文化遺産に登録されました。

平成の大修理を終えた白漆喰総塗籠造の城壁を目の前にすると、その美しさに思わず息をのんでしまいます。世界に認められた城郭建築の最高峰をじっくりと見学してください。

おすすめカップル・家族・社内旅行・夫婦・友人
観覧期間
時間
通常期(夏季以外):9時~16時 閉門17時
夏季(4月27日~8月31日):9時~17時 閉門18時
休城日12月29・30日
料金大人(18才~)1,000円 小人(小学生~高校生)300円
※団体割引30人以上2割引き
[姫路城・好古園共通券] 大人1,040円 小・中学生360円
駐車場周辺に公営駐車場有
交通機関電車 JR・山陽電鉄 「姫路駅」より北へバス5分、徒歩約25分
場所兵庫県姫路市本町68
問い合わせ姫路城管理事務所
TEL079-285-1146
HPhttp://www.himeji-castle.gr.jp/

天空の城 竹田城跡

2
竹田城跡は、山城遺跡として全国でもまれな完存する遺構です。虎が臥せているように見えることから「虎臥城(とらふすじょう・こがじょう)とも呼ばれています。

秋から冬にかけての良く晴れた早朝に朝霧が発生することがあり、この雲海に包まれた竹田城は、まさに天空に浮かぶ城を思わせ、「天空の城」、「日本のマチュピチュ」とも呼ばれるようになりました。その神秘的な情景は夢のようです。

平成24年には、竹田城跡が「恋人の聖地」として認定を受けました。

雲海発生時期9月~11月の明け方から午前8時頃まで
おすすめカップル・家族・夫婦・友人・知人
観覧期間
時間
8時~18時(9月19日~12月10日は4時~17時)
定休日12月11日~翌年3月19日まで
入城料大人 (高校生以上)500円 中学生以下無料※団体割引20人以上 大人450円
駐車場118台(山城の郷第1.2.3駐車場利用)
交通機関電車 JR「竹田駅」から徒歩40分
車 近畿豊岡自動車道「和田山IC」から車で10分の山城の郷から徒歩約40分
場所兵庫県朝来市和田山町竹田古城山169
問い合わせ情報館 天空の城
TEL079-674-2120
HPhttp://www.city.asago.hyogo.jp/0000001275.html
※入場規制等している場合があります。事前に公式サイト等をご確認ください。

世界一長い橋を歩こう 明石海峡大橋ブリッジワールド

3
明石海峡大橋は、本州と淡路島を結ぶ世界最長の吊橋で、別名「パールブリッジ」とも呼ばれています。日本の架橋技術が生み出した世界に誇る美しい橋です。

ブリッジワールドは、明石海峡大橋の内部に入り、海面上300mの高さがある主塔の最上部から、360度に広がるパノラマを堪能する迫力満点のツアーです。

このツアーは4月~11月にかけて、毎週4日ほど実施されますが、週末と祝日はすぐに定員に達してしまうので、早めの予約が必須です。

スポンサーリンク

おすすめ家族(中学生以上、大人の同伴が必要)・グループ・カップル
実施日
(1日2回)
4月1日~11月30日 毎週木曜日から日曜日までの毎日と祝日
受付【午前の部】9時15分~
【午後の部】13時15分~
定休日12月~翌年3月
料金大人3,000円、中学生1,500円(生徒手帳持参すること)
参加費用には、「橋の科学館」及び「舞子海上プロムナード」の入館料金及び入場料が含まれています。
参加条件申込みには必ず参加条件を確認し、同意する必要があります。
集合場所橋の科学館(開館時間は9時15分)
神戸市垂水区東舞子町4-114
駐車場舞子公園有料駐車場あり
交通機関電車 JR神戸線「舞子駅」から徒歩約5分
山陽電鉄「新舞子駅」から徒歩約7分
車 大阪・神戸方面から 第2神明道路「高丸IC」から南西へ約3 km
※「垂水JCT」からは出られません
山陽道方面から 神戸淡路鳴門自動車道「布施畑IC」から南へ約9 km
問い合わせ「ブリッジワールド事務局」
TEL078-784-3396
HPhttp://www.jb-honshi.co.jp/bridgeworld/index.html

異国の文化を楽しむ 神戸北野異人館めぐり

4
三宮から山側へゆるやかな坂道をのぼると、そこはかつて外国人たちが住んだ街。国の重要文化財に指定されている異人館や神戸市の伝統的建造物が多くあります。

風見鶏の館、萌黄の館、ラインの館、うろこの家などが点在し、異国情緒あふれる散策地です。

おすすめ友人・カップル・家族
入館料
営業時間
定休日
各館により異なる(多くの異人館は有料)
詳しくは「北野異人館一覧」のページをご覧ください
交通機関電車 JR・阪神・阪急・神戸市営地下鉄 「三宮駅」から北へ徒歩約15分
「新神戸駅」「元町駅」「花隈駅」「県庁前駅」から徒歩にて
バス シティループバス 北野異人館下車
車 阪神高速神戸線 「生田川」または「京橋IC」より北へ
山麓バイパス 三宮方面出口より西へ
新神戸トンネル有料道路 布引出口より西へ
駐車場近隣コインパーキングあり
問い合わせ北野観光案内所
場所神戸市中央区北野町3-10-20(北野風見鶏の館前)
TEL078-251-8360
HPhttp://www.kobeijinkan.com/

有馬温泉 歴史探訪クアテーマパーク 太閤の湯

5
有馬温泉は、日本最古の温泉で、世界的にも珍しい多くの成分が混合した「療養泉」です。有馬といえば赤茶色をした金泉が有名。すべすべのお肌になること間違いなし。

太閤の湯は、2014年2月に全面大改装オープンした歴史探訪クアテーマパークです。太閤秀吉好みのお風呂が、安土桃山の風情そのままに再現されました。

「黄金の茶室」をイメージした金泉と銀泉の蒸気浴が楽しめる「黄金の蒸風呂」で、極楽気分が味わえます。

おすすめ女性同士・家族・団体・ひとり旅
営業時間10時~23時(最終受付22時) 館内の施設によって異なる
定休日10月1日(木)
料金平日
大人2,400円 小人(小学生)1,200円 幼児(3~5歳)400円
土・日・祝日・年始・GW・お盆 
大人2,600円 小人(小学生)1,300円 幼児(3~5歳)500円
別途入湯税75円必要(ただし、6歳以下と平日利用の小学生は入湯税免除)
※館内着・タオル(1セット)代は、入館料に含まれています
※施設により別料金あり
備考露天風呂あり、エステあり、立寄り湯OK、日帰りプランあり
駐車場あり 入館後4時間まで無料
館内での利用2,000円ごとに1時間無料 最大7時間まで利用可能
交通機関電車 地下鉄・神戸電鉄 神戸、三宮から30分
バス 阪急バス 大阪、梅田から50分 阪急宝塚から45分 阪急芦屋から40分
送迎バスあり
 阪神高速7号北神戸線 「西宮山口南IC」、「有馬口IC」下車など
場所神戸市北区有馬町池の尻292-2
TEL078-904-2291
HPhttp://www.taikounoyu.com/

スポンサーリンク

兵庫県民もおすすめ!楽しい旅にするなら行くべき観光スポット【定番】
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事