ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

ペットで人気のリスザル!飼育の仕方は難しいけど可愛すぎる!

愛くるしいしぐさで動き回るリスザルは、ペットとして人気上昇中です。

リスザルは、オマキザル科の中では最小種のペットで、別名“コモンリスザル”とも呼ばれています。体色は黄色から黄褐色で、口のまわりが黒いことが特徴です。

ペットとして比較的飼いやすいといわれていますが、あくまでもサルの中の話で、獰猛さゆえにトラブルになることもあるので、注意が必要です。

サルの仲間で、一番初めに人工衛星に乗ったことでも知られています。

スポンサーリンク

リスザルについて

e6b0c4ffb29f7eb823acd102ced3359e_s
生息地

ブラジル北部からベネズエラ、ペルー北東部まで広く分布。川辺林を好む。木の上で20~30匹の集団で暮らしている。

体長

オス約25㎝センチ~約35㎝センチ
メス約20㎝センチ~約30㎝ (尾の長さ 体長とほぼおなじか、約10㎝長い)

体重

オス約0.6~1.1kg メス約0.5~0.7kg

値段相場

約40万円~60万円

主なエサ
主食

市販のモンキーフード

副食

季節の果物(バナナ、リンゴ、ミカン、ブドウなど一種類に限定せず、組合せを変えて)、茹でた野菜(キャベツ、ブロッコリー、カボチャなど)、タンパク質として昆虫(ミルワーム、コーロギ) 卵、ヨーグルトやチーズなどの乳製品 おやつ:ヒマワリの種子、ナッツ、モンキー用ビスケットなど

寿命
約10年~15年程度
特徴

  • サル類の中では比較的おとなしく、人にもなつきやすい。
  • 長い尾は、物をつかんで持ったりすることはできない。手の力を使って握ることで木登りをするため、爪は人間に似た平爪をもっている。
  • 昼行性で、リスのように身軽に森林の木々を渡る。

リスザルを飼う前に知っておくこと

リスザルはウサギやフェレットに比べると飼育管理に手間がかかり、犬歯が鋭く攻撃力もあります。さらに人と共通の感染症などの危険性もあり、興味本位や衝動的な飼育には向かない動物です。

不適切な飼育管理が原因で、リスザルだけでなく飼い主も不幸になってしまうケースがあります。そうならないためにも、正しい知識をもって、生涯責任を持って飼いましょう。

スポンサーリンク

 賢いからといって、飼い主が定めたしつけを守ろうとする習性はありません。おしっこのマーキングや食べものの散らかしなど、衛生面でしつけをすることは難しいです。こまめに掃除をするなどして、少しでも良い衛生状態を保つ必要があります。

 人間と同じく霊長類の動物です。そのために私たちの感染症がリスザルに移りますし、リスザルの感染症が私たちにも移ります。風邪といった軽症のものから、Bウィルスという生死にかかわる感染症までさまざまです。ほとんどの場合が、私たち人間からリスザルに感染させてしまいます。

リスザルはお金のかかる動物だと心得ましょう。リスザル自体の価格も高いのですが、飼育環境を整えるための費用も結構かかります。初期投資のほかに、止まり木や巣箱、エサ箱などは、消耗品として定期的に交換する必要があります。

リスザルを診てくれる獣医さんを探しておきましょう。断られるケースがあります。

リスザルを飼育するにはどんな環境がいいの?

 リスザルは比較的寒さに弱い動物です。寒い冬の時期には部屋の温度を一定以上に保つ必要があります。

ケージの周辺は30℃くらいに保つのが理想です。

エアコンをはじめ、ホットスポットを作って暖かい場所を作ってあげましょう。また、紫外線を浴びることも大切です。日の当たる場所にケージをおくか、紫外線ライトを設置するのもいいでしょう。

必要な道具は?

 サルは樹の上で生活する動物です。飼育する場合にはなるべく高さのあるケージを用意して、止まり木を何本か入れて飛び移れるようにしてください。エサを散らかしたり、排泄物を飛ばしたりするので、掃除しやすい場所に置くといいでしょう。

トイレのしつけは出来ないため下に新聞紙を敷き1日に4~5回くらい取り替えなければいけません。そのほかに、ドリンクボトル、エサ箱が必要です。

リスザルを飼いはじめたら

 リスザルは、さみしがり屋です。毎日おもちゃやおやつなどでコミュニケーションをはかりながら一緒に遊んであげるようにしましょう。

>狭いケージに入れっぱなしで、遊んであげないとストレスから毛が抜けたりすることがあります。

また、他の小動物と同じく病気にさせないことが重要です。日頃から適度な運動、バランスのとれた食事をして、肥満にならないように注意しましょう。

リスザルは、脅かしたりすると、驚いて噛みついたり、構いすぎると嫌がったりします。簡単に馴れないと感じたら、焦らず、長い期間をかけてじっくり馴らすようにすることが大切です。

リスザルが簡単に馴れないからといって叩いたりすると逆効果になります。いたずらをした場合は、端的な言葉と毅然とした態度で叱るようにしましょう。

リスザルは、人間の子どもと同じと考えてあげてください。大切に育てて、長く一緒にいられるといいですね。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
ペットで人気のリスザル!飼育の仕方は難しいけど可愛すぎる!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事