ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

ヘルペスの感染力は半端じゃない!種類別の原因・症状

ecfcc59fcf6fa9776f0d77b93caba37c_s

 ヘルペスウイルスは、どのようにヒトの体の中に入ってくるのでしょうか?

また、一度感染すると、一生ヒトの体の中に住み続けますが、どんな症状をあらわすのでしょうか?

スポンサーリンク

ヘルペスウイルスとは?

 ウイルスというのは、1ミリの1万分の1くらいの大きさ(150nm)で、核酸(DNAまたはRNA)とタンパク質だけでできています。

この最も小さな生き物たちは、自分では子孫をつくることができません。そこで、他の生き物の細胞の中に入り込んで、その細胞の材料を拝借しながら自分の子孫(コピー)をつくり出します。これが感染です。

ウイルスはどうやって体に入ってくるの?

 

ウイルスは、私たちの口や鼻からのどに入り込んで体の中に侵入します。侵入の仕方は、以下のことが考えられます。

  1. 空気感染・・・空気中に飛んでいるウイルスを吸い込む
  2. 飛沫感染・・・咳やくしゃみで飛び散ったウイルスを吸い込む
  3. 接触感染・・・手などについたウイルスが口や鼻に入る

単純ヘルペスウイルスは感染力が強い

 単純ヘルペスウイルスは感染力が強く、感染経路としては、キスなど直接的な接触のほかに、ウイルスがついたタオルやコップなどを介しても感染します。

したがって親子、夫婦など親密な間柄で感染することが多く、俗に“愛のウイルス”と言われたりします。また、感染してもすぐには症状が出ず、何年もたってからはじめて症状が出ることがあります。

口唇ヘルペスの原因と症状

 単純ヘルペスウイルス1型による口唇ヘルペスは、人との接触によって感染します。

昔は幼少期に親子や祖父母と孫などの家族間で頬ずりやキス、同じ食器でご飯を食べることなどで、大人から乳幼児に感染することが多く、ほとんどの人が1~4歳の間に感染していました。

そのため、幼少期に抗体ができ、大人になって再発しても重症化する人は少なかったようです。ところが最近は核家族化や衛生面の改善などによって、10歳代の抗体保有率は6人に1人程度まで減少しました。大人になって初めて感染すると、重症化するケースが多くなります。

スポンサーリンク

 口唇ヘルペスの症状は、はじめ口唇や口の周りなどの一部が赤くなり、しばらくするとその上に小さな水ぶくれができます。患部には軽いかゆみやほてり、痛みなどを感じます。

普通は、水ぶくれがやがてかさぶたとなって、10日~2週間くらいでおさまってしまいます。口唇ヘルペスはしばしば再発しますが、再発のたびに軽症化し、水ぶくれは小さくなり、患部も狭い範囲におさまります。

ただし、アトピー体質の人では重症化することもあります。

性器ヘルペスの原因と症状

 単純ヘルペスウイルス2型による性器ヘルペスは、性交渉による感染がほとんどです。

感染してから2~12日の潜伏期間をおいて発病し、性器やお尻の周辺の皮膚に赤いぶつぶつや水ぶくれ、ただれができます。

初感染の場合は、強い痛みや、発熱を伴う場合があり、排尿や歩行が困難になることがあります。治療をすれば一週間程度で治ります。

女性の感染率が男性に比べて高く、20代の女性に最も多いとされています。最近では、若年層の患者が増えています。

帯状疱疹の原因と症状

 帯状疱疹は、水ぼうそうと同じ水痘・帯状疱疹ウイルスで起こる病気で、他人から感染するわけではありません。

一度、水ぼうそうに罹ったことがある人は誰でも帯状疱疹にかかる可能性があります。

 水ぼうそうは発症後、1週間程度で治りますが、ウイルスは神経節の中で長い間潜伏しています。それが、過労や病気など、免疫力が低下するとウイルスが再活性化して神経と皮膚を攻撃して帯状疱疹を起こします。

 帯状疱疹は、神経の通っている部分に、それも身体の左右どちらかに帯のように現れます。はじめはピリピリチクチクした痛みから始まり、しばらくするとその部分が赤くなり、やがて水ぶくれになって神経痛のような激しい痛みをともないます。

いちばん多いのは肋間(ろっかん)神経のある胸から背中にかけてです。顔面にある三叉(さんさ)神経に沿って現れる場合は、失明や顔面神経麻痺をともなうこともあるので特に注意が必要です。

この他、下腹部、腕、足、おしりの下などにも現れます。痛みが始まってから水ぶくれが治るまでの間は、通常約3週間~1ヵ月です。

以前は50歳以上の高齢者に多い病気でしたが、最近では、20~30歳代の若い年代にも増加しているといわれています。

「ヘルペスかな?」と思ったら、病院やクリニックでできるだけ早く受診しましょう。初期に治療を始めたほうが早く治ります。唇などの症状の場合は皮膚科へ、性器や下半身の場合は泌尿器科・産婦人科へ、帯状疱疹は皮膚科へ行くことをおすすめします。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
ヘルペスの感染力は半端じゃない!種類別の原因・症状
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事