ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

子供の名前の付け方はどう決める?近年目立つキラキラネームは?

87fbec280413fb63fb60aaca78a866ba_s

 近年よく聞く言葉で『キラキラネーム』(通称DQN(ドキュン)ネームとも言います。)というものがあります。

親が子供の名前をつけるときに、漢字の当て字で読み方を考えたりし、アニメのキャラクターにちかかったり特殊な読み方をさせる名前のことを総称として『キラキラネーム』といわれています。

これはここ最近始まったことではなく、意外と昔から使われていたような気がします。

では親が子供につける名前にはどのようなものがあるのか、またどのような傾向があるのでしょうか。

スポンサーリンク

近年増加傾向のキラキラネーム

 ここのところの親が子供につけるキラキラネームは増加傾向にあると言われています。

その理由としてはいくつか考えられ、子供の名前に使用できる漢字が比較的増加してきたことがまず第一に揚げられています。
近年の風潮や流行のアニメや漫画の影響だったり、人気のマタニティ雑誌のキャンペーンなども理由の一つとなっております。

 では、これはひどい、というものではどのようなものがあるのでしょうか。その傾向を見てみます。

ここ数年で多い名前なのは『花蓮(きゅーてぃー)』や『保論(ぽろん)』『槙空樹(まきあじゅ)』などなど、本当に子供の名前としてよいのでしょうか、と言いたくなるものが多いのです。

また当て字や漢字の読み方をまったく無視した『黄熊(ぷう)』だったり『大熊猫(ぱんだ)』などといった動物やキャラクターの名前からくるものが多くなってきているようです。

子供の名前は一生残るもの、といって一生懸命考えるのはどの親も一緒だとは思いますが、その発想の違いがでているようですね。

子供の名前の決め方

自分の子供の名前。名前は一生ものと言われています。ですからその名前をずっと抱えていく子供にとっても重要です。さて子供の名前を決めるときのポイントとしてどのようなことを意識してつけているのでしょうか。

スポンサーリンク

こうなってほしい、という願いをこめて

 実はこれが一番多いようで、子供の未来に願いをこめてつけるという親が一番多いようです。

見た目も心も美しく、とか綺麗になってほしいという願いをこめて、『美』という字を使ったり、優しい人にという意味をこめて『優子』や、健康にたくましくという意味で『健太』などといったように、
まずは使用したい漢字の意味を調べてつけるようなことが基本的には多いようです。

親や親戚、祖父母などの漢字をとってつける

 これも多い決め方です。両親の漢字を一文字ずつとって、という方法や、祖父母や親戚、有名な著名人の名前の漢字を使うということもあるそうです。

親の名前は兄弟や姉妹が生まれるとどちらかの漢字を残してつけていく親も多いです。
上の子から順番に『健』という字を使って『健太』『健斗』『健二』などなど、同様の漢字を使うことも少なくありません。

ランキングを見て決める

 実はこういう親も少なくないのです。毎年人気のある名前のランキングが発表されます。それを見て、その年の人気の名前にしたい、という人もいるのです。

ちなみに2014年から2015年にかけては馬という字や飛躍するというような漢字に人気があつまりました。

男の子だと『陽翔(はると)』『颯太(そうた)』などです。また女の子は心という字に人気が集まりました。『心桜(こころ)』『心愛凜(しえり)』などがランキングの上位となっています。

このランキングはマタニティ雑誌やインターネットなどで調べることができるので今までのランキングを参考にして決める人も多いようです。

生まれた瞬間の顔を見て決める

これはまた珍しい方法ですが、インスピレーションで決める、という人もいるようです。もちろん候補はあげておくようですが、顔をみて、これだ!というものが浮かぶ人もいるようです。

顔だけではなく、最初に見たのが笑顔だっただけで『笑美(えみ)』とつける人もいるくらいです。ただしインスピレーションとはいってもタイムリミットもあります。出生届を出すまでに決めないといけません。
ですから、これに関しては時間との戦いになります。

他にもまだまだ子供の名前を決める方法はあります。ですが、自分自身がつけてもらったのと同じように、子供もまた一生その名前を背負って生きていきます。自信をもって自分の名前を人に言えるような素敵な名前を考えてあげてください。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
子供の名前の付け方はどう決める?近年目立つキラキラネームは?
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事