ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

結納の流れってどうなっているの?最近の服装やマナーの傾向どうなっているのか

e23e233d0d21a5889e8aa7a90c6a63b9_s

 結婚をするとなると、よく聞くのが『結納』を交わしたりする、ということですよね。

結納って聞いたことはあるもののいったいどんなことをするのか、正直わかりずらいのではないでしょうか。結納とはいったいどのようなものなのかご紹介します。

結婚を決めた時に手にするといわれる雑誌、ゼクシィによると、『正式に婚約を調える儀式。古くからのしきたりにそって結納品などを双方でとりかわす、また結納は女性宅で催すなど、地域によってやり方はいろいろです。

 最近では式場やホテルの「結納パック」を利用するパターンも一般化しているよう。顔合わせ食事会は、結納品は用意せず、婚約指輪などの記念品を交換するケースが多くなっています。』
ではこの結納についてもう少し詳しく見てみましょう。

スポンサーリンク

結納ってどんな流れで行うものなのか

 そもそも結納ってどのような流れで行うのでしょうか。

まずはお店で行う場合は開始時間より少し前に到着するようにします。基本的には女性側が先に着席し、男性側が遅れて入場するのが一般的です。席は奥に向かい合わせで新郎新婦、その隣にの父、端に母という席順になります。

 次に始まりの挨拶「これより結納の儀をとり行わせていただきます」というはじまりになります。

 近年、仲人を立てないところもあります。仲人を立てない場合は男性側の父親(もしくは母親)が進行役になるのが一般的です。
慣れていなくても、真心を込めて話すことで、みんなの心に響くものでしょう。

まずは笑顔で話すことだけを心がけましょう。式場やホテルの場合は進行役は会場のスタッフに頼める場合もあります。

次に、結い納品を納めます。

「結納の品でございます。幾久しくお納めください」と 新郎の母親(父親や会場スタッフでもよいです)が結納品を新婦側の前に運びます。
この後、男性の父親が口上をすることが多いです。近年では新郎本人が結納品を差し出して口上を述べることも多いようです。

次に、目録をあらためます。

「結構なお品をありがとうございます。幾久しくお受けいたします」と、まずは新婦が軽く会釈をして内容に目を通します。

続いて、父親、母親の順で目録に目を通し、最後に口上を述べるようにします。新婦の父親が行ってもよいですが、新婦本人が述べることでしっかりした女性という印象を与えることができるのです。

次に、受書を渡します。

「こちらが受書になります。どうぞお納めください」
結納を受け取ったしるしとして新婦の母親が新郎に受書を渡します。口上は、新婦もしくは新婦の父親が行うようにしましょう。

スポンサーリンク

受書というのは結納品を購入した際についているのが一般的です。結納品と一緒に男性側から受け取ったものを、その場であらためて渡せば大丈夫でしょう。

次に、受書に目を通します。

「ありがとうございます」

まずは新郎が確認をし、父親、母親の順で受書を手渡して確認をします。
新郎本人もしくは父親がお礼の口上を述べます。

このあと女性側から結納返しを贈ると言う方法もあります。その際は男性と同じように目録を贈り受書を受け取るようになります。

次に、結びの挨拶をしましょう。

「無事、結納をお納めすることができました。こちらこそお世話になりました。今後ともよろしくお願いいたします」
ここで女性側の父親は、進行役を務めてくれた男性の父親や会場のスタッフに感謝の言葉を伝えると、この場の雰囲気が和やかになります。

最後に記念撮影をして終了となります。

 新郎の父親の音頭で乾杯などをしてリラックスをして食事を楽しめるとよいでしょう。

ここまでの紹介は結納の大きな基本の流れです。
近年は住まいや環境の違いから正式な結納を行うことが難しいという人も増えているようです。遠方へいくことも難しいですし、マンションなどだと狭い部屋に大きな結納品を置くというのも大変です。
そのために洋風の結納や略式で手渡しできるものや記念品のみというものも増えているのです。

結納での服装やマナーは?

 結納って聞くとちょっと堅苦しい感じがします。この時の服装などはどのようなものにしたらよいのでしょうか。

まず一つ目は格式ある結納の場合。この場合は女性は振袖、そして男性はブラックスーツなどを着るとよいでしょう。

格式を重んじる結納の場合は新婦が振袖を着ることでその場の格がぐっとあがります。一方新婦が紋付袴を着ることは多くないですが、できるだけフォーマルとしてブラックスーツで格をそろえることが多いです。

 略式の場合は少しきちんとした格好にします。格式ばらないようにする場合は新婦の服装が決め手になります。
振袖は着ないけれど新婦さんは「きちんとした」ワンピースやスーツにすることが多いようです。その場合に新郎はブラックスーツなどのフォーマルなものにしましょう。

 それこそ食事会で、という形の場合はスーツにネクタイ、というわけでなくてもいいようです。
ですがけじめというところでカジュアル過ぎないようにしましょう。

 新郎はネクタイまではいかないもののジャケットをきてしっかり見えるようにしましょう。新婦はフォーマルまではいかないものの少し余所行きのおでかけ着などがいいかもしれません。

このように服装も一つのマナーとして考えられていますので、両家でしっかり話をしてそろえるようにするといいでしょう。

スポンサーリンク

芸能人もリピーター続出の冷凍ピザ

冷凍ピザとは思えない、手伸ばし窯焼き生地の美味しさに、 「冷凍ピザの概念が変わる」と大好評です!値段も宅配ピザと比較して半額!解凍もオーブンでたったの6分できちゃう♪

大人気過ぎて現在2ヶ月待ち★予約は、お早めに♪

大好評のピザに続き、パエリアも登場
結納の流れってどうなっているの?最近の服装やマナーの傾向どうなっているのか
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事