ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

ブーツのメンテナンス方法!臭い・型崩れ防止 直す方法

 長く愛用しているブーツは、足に馴染んで履きやすくなっています。しっかりとした皮革のブーツなら、きちんと手入れさえしていれば何十年でも履くことができたりもします。

長く履いていると、型崩れを起こしたり臭いが気になったりしてきますよね。今回は、ブーツのメンテナンス方法をご紹介します。マスターしてブーツを物持ち良く長く使えるようになりましょう。

スポンサーリンク

ブーツの臭いを消す方法

 いつも履いているブーツは、見た目にはきれいであってもブーツの内側には通気性が悪いので雑菌がたくさんたまっています。

これを放置してしまうと、内側に残る雑菌が繁殖して取りにくい臭いの元になったり、カビやシミを引き起こしたりします。

臭いを消す効果的な方法はたくさんあります。

10円玉をブーツの中に入れておく

 銅イオンには雑菌を死滅させる力があります。

なるべくきれいな光った10円玉を使って、靴が臭う原因となるのは雑菌ですから、その殺菌効果を利用しましょう。

重曹をブーツの中に入れておく

 重曹には臭いや湿気を吸いとる力があります。

キッチン用品売場で売っている重曹を布の小袋に入れて、靴の中に一晩置けば臭いが取れます。

新聞紙をブーツに詰めておく

 新聞紙には吸湿性があり、さらにそのインクの臭いには臭消効果もあります。

内底にインクの色が付かないように気をつけながら、丸めた新聞紙をつま先の方から詰めておくと効果があります。

食品の乾燥剤をブーツに入れておく

 臭いの原因になる足からの汗を吸い取ってくれます。

焦がしたパンをブーツに入れておく

 活性炭と同じ消臭効果が期待できます。

除菌スプレー

 いつでも簡単に使えるので便利です。

ブーツを型崩れさせない方法

ブーツキーパーやブーツホルダーを使う

 長めのブーツなら、ブーツキーパーやブーツホルダーを中に入れて立てておけば脱いだ後もだらしなくならずに、きちんとしています。

スポンサーリンク

手頃な価格のものも市販されていますが、簡単に新聞紙や週刊誌のようなものを丸めて棒状にしてもブーツホルダーになります。

新聞紙を使う場合には、外側に包装紙の裏側を使ってインクの色が付かないようにすると無難です。

ブーツを横に寝かしておく

 ブーツを立てておくと、足首のあたりにシワができやすくなります。

ブーツを吊るしておく

 足首のあたりにできるシワを予防できます。

ブーツツリーを使う

 履きなれたブーツをくたびれたブーツにさせない効果があります。

ブーツの型崩れを治す方法

 専門の靴クリーナーへ持っていけば、ある程度の型崩れは修正できます。ブーツを丸洗いして革を柔らかくして整形してくれるので、かなりきれいにはなりますが、大きな深いシワや変形が激しい場合には完全には修正が利かない場合があります。

 ブーツの手入れは、買ったときからのメンテナンスが長持ちの決め手になります。とくに女性用のブーツの足首のあたりは、シワができやすい部分なので注意が必要です。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
ブーツのメンテナンス方法!臭い・型崩れ防止 直す方法
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事