髪を乾かすなら自然乾燥よりもドライヤーが良い!その理由や違いは?

ae955cf6796fc4390c7c77dae8b2e9de_s

 せっかくきれいに髪の毛を洗っても、最後の仕上げのヘアドライって手を抜きがちなもの。

髪の毛の乾かし方次第で、髪の毛が痛んでしまうってご存知でしたか?

濡れた髪の毛はダメージを受けやすく、キューティクルがはがれおちてしまう可能性も!髪の毛の量が多いから自然乾燥にしている、乾くまで待っていられないから濡れたまま寝ちゃう、という人は知らず知らずのうちに髪の毛を傷めているのです。

ドライヤーで頭皮を痛めるのが心配!という人も、上手にドライヤーを使えば安心です。美しい髪になるドライヤーの使い方、ご紹介します。

スポンサーリンク

濡れた髪の毛ってなぜよくないの?

 髪の毛は、表面が薄い細胞の膜で覆われており、たけのこの皮状に上を向いて重なっています。

これをキューティクルと呼んでいます。キューティクルが整っていれば健康な髪の状態です。

濡れたままの状態の髪は、キューティクルが開いた状態になっているので、とても痛みやすくなっています。

長時間濡れたままの髪でいたら雑菌が繁殖したり、かゆみや臭いの原因になります。

スポンサーリンク

水分も必要以上に蒸発するので、キューティクルが乱れて髪がバサバサになってしまいます。濡れた髪の毛を櫛で引っ張るようにとかすのも髪を傷める元になります。

自然乾燥VSドライヤー 髪のダメージの違い

 自然乾燥は髪が濡れた状態のまま長い間放置しておくことになるので、髪のダメージは相当なものがあります。

乾くまでに時間がかかるので、乾くのを待たずに半乾きのまま寝てしまうと、枕やシーツとの摩擦でキューティクルが剥がれ落ち悲惨な状態になることもあります。

ドライヤーで髪を素早く乾かすことで、濡れた髪によるダメージを少なくすることができます。ドライヤーの熱で頭皮のダメージを心配する人がいますが、遠くからドライヤーをかけることでダメージを抑えることができます。

ドライヤーの正しい当て方

 ドライヤーを上手に使えば髪を傷めずに乾かすことができます。お風呂からあがったら、バスタオルで水分を軽く抑えるように吸い取ります。

ここからドライヤーを使い、いっきに乾かしていきます。約20センチぐらい離して、根元から毛先に向けてドライヤーをかけます。>頭皮を痛めないように、こまめにドライヤーを動かして方向を変えて、乾かしていきます。8割ぐらい髪の毛が乾いたら冷風に切り替えます。

必ず髪が乾ききる前に冷風を使うのがコツです

最後に冷風を使うことで髪の毛が冷えて、キューティクルが閉じて固まり、ツヤツヤの髪の毛になります。

スポンサーリンク
髪を乾かすなら自然乾燥よりもドライヤーが良い!その理由や違いは?
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事