ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

冬至にはゆず湯に浸かって無病息災 !運も一緒に呼び込もう!

a0133556f13c4933d07af17150515e2b_s

 日本では、古くから「冬至にゆず湯に浸かると風邪をひかない」と言い伝えられてきました。ゆずの強い香りは、運を呼び込み邪気を祓うとも言われています。

ゆずは中国揚子江上流が原産といわれ、日本には奈良時代か飛鳥時代に渡来し、当時は薬用として栽培されていたと考えられています。

スポンサーリンク

ゆず湯の習慣は江戸時代から

 ゆず湯に入る習慣は、銭湯ができた江戸時代から始まったとされています。

もとは銭湯の客寄せだったとか。この風習が今も続いている理由は、この時期にゆずが採れることもありますが、何よりもその爽やかな香りに「ああ、いい湯だなあ~。極楽、極楽」と、人々が感激したからではないでしょうか?また、寿命が長く病気にも強いゆずの木にあやかり、ゆず湯に入って無病息災を祈ったのかもしれません。

 ゆずの主な成分はビタミンC、ビタミンA、クエン酸、リモネン、シトラール、ペクチンなどです。ゆずの果汁や果皮に含まれるビタミンCの含有量は、柑橘類の中でもトップクラス。

ビタミンCは肌の保湿性を高め、抗酸化作用で肌の老化を防止します。

 また、シトラールには体を温め、血流を良くする血行促進効果があり、冷え症や神経痛、腰痛、リウマチなどを癒すといわれています。

そのうえ、リモネンが皮膚に膜を作り、肌の水分を逃がさないようにして湯冷めを防ぎます。それが風邪の予防になるといわれてきました。

他には発汗、解熱、疲労回復といった効果もあります。

ゆず湯の作り方

ゆず湯を作るのはとても簡単です。

スポンサーリンク
  • 5~6個の果実を丸ごと湯に浮かべる。その際、果実に切り込みを入れておくと成分が出やすい。
  • 3個の果実を輪切りにして、ガーゼ等の袋に入れ、湯に浮かべる。
  • 果汁を搾った後、残った果皮をガーゼ等の袋に入れ、湯に浮かべる。
  • 乾燥させた果皮をガーゼ等の袋に入れ、湯に浮かべる。

 果皮に含まれる成分を十分に利用するには、あらかじめ水2リットルに果実5~6個、あるいは3個を輪切りにして布袋に入れたものを煮立たせ、煎じておきます。煎じたものを湯に入れるとより効果的です。

 ただし、ゆずは刺激の強い果実です。ゆず湯に入った途端、皮膚がピリピリすることがあります。

果皮に含まれるリモネンはオレンジオイルの成分と同じですが、皮に切れ目を入れると油包がはじけて脂の成分が湯に溶けて皮膚を刺激します。

乾燥肌や皮膚の弱い人は生の果皮を2~3日間陰干し、乾燥させたものを使用してみてください。または、果実を20~30分蒸してから布袋に入れて使用するのも良いでしょう。皮膚の違和感はより少なくなります。

冬至とゆず湯の関係

 冬至は太陽が一年で最も低い位置にあり、夜が最も長く、昼が最も短い日です。

昔の人々は、この日を境に弱まった太陽の力がよみがえっていくと考えました。また、冬至のことを一陽来復とも言いますが、これは、悪いことが続いた後に幸運に向かうという意味もあります。

人々は一陽来復の運を呼び込む前に、厄払いするための禊(みそぎ)をして身を清めました。それが入浴して身を清めることにつながったのではないかといわれています。

その際、ゆずは香りが強く邪気払いにピッタリだったのでしょう。

 冬至とゆずの関連ははっきりしませんが、一説によると湯治(とうじ)と冬至(とうじ)の語呂合わせで、身体が健康であれば融通(ゆうずう・ゆず)が利くというこじつけのようです。

 冬至にはゆず湯。湯船にポカポカと浮かんだ黄色いゆずをながめながらゆっくりと浸かればゆずの香りと成分が、寒くて縮こまった体をやんわりとほぐしてくれます。太陽の力がよみがえるように、私たちも元気をよみがえらせましょう。

スポンサーリンク

芸能人もリピーター続出の冷凍ピザ

冷凍ピザとは思えない、手伸ばし窯焼き生地の美味しさに、 「冷凍ピザの概念が変わる」と大好評です!値段も宅配ピザと比較して半額!解凍もオーブンでたったの6分できちゃう♪

大人気過ぎて現在2ヶ月待ち★予約は、お早めに♪

大好評のピザに続き、パエリアも登場
冬至にはゆず湯に浸かって無病息災 !運も一緒に呼び込もう!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事