ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

女性に多い関節リュウマチ!原因・症状・治療・予防

 働き盛りの30代から50代、とくに40代にもっとも多く発症すると言われる自己免疫疾患の一つです。

関節の炎症がもたらすつらい痛みや腫れ、変形を伴うもので、全国で患者数が70万から100万人いると推定されています。

高齢化にともなって、患者数が年々増加している病気でもあります。

スポンサーリンク

関節リュウマチとは

 免疫の異常によって、関節の滑膜という組織が増殖して継続的に炎症がおきる病気です。

>男女の割合は1対4で、圧倒的に女性に多く発症します。関節ばかりではなく全身の内臓に影響が及ぶために、関節以外の症状も出始めます。

慢性化すると手などの関節の骨や軟骨が破壊されて関節が変形し、日常生活に不便が出るようになります。

1出典:http://www.unita.co.jp/

免疫異常だとされる関節リュウマチの原因とは

 ウイルス感染と免疫の異常が原因だと言われています。

>免疫機能に異常がおきて、抗体でからだの大切な成分を異物として攻撃してしまう自己免疫疾患の一つです。

免疫異常は、複合的な原因でおきることが多いので特定は困難ですが、老化や出産なども一つの原因になると考えられています。

発症の原因の約40%は遺伝子になんらかの原因があるとまでは解明されていますが、喫煙もまた、発症や進行に関係することが確実視されています。

遺伝的な体質に喫煙などの環境要因が重なって、免疫機能に異常がおきると考えられています。

初期段階の滑膜の炎症から末期症状まで

 初期では、微熱が続いたり、疲れやすくなったり、体がだるくなって、朝方にこわばりが現れ、小さな手足の指の関節に症状が現れて痛み始めます。

その後少しずつ、手首、膝、ひじなどの大きな関節に進行していきます。肩や頸椎まで症状が現れることがあり、頸椎に現れたときには神経障害が現れることもあります。

スポンサーリンク

関節が左右対称に腫れて痛みが出てきますが、頸椎以外の背骨の関節にはでません。

進行にしたがって、食欲不振、倦怠感から、息切れ、空咳、めまい、目の不具合などさまざまな症状が出てきます。

 発病後1年から2年で関節に影響が出始め、5年から10年で変形がおきます。

滑膜細胞の増殖によって形成された肉芽が、軟骨をおおうように広がって軟骨を破壊するので、関節を動かすと骨と骨とのこすれ合いで骨の表面が欠けたりしてきます。

関節がうまくかみ合わなくなり、まわりの腱や筋肉の働きも悪化して関節が変形し、痛みのために曲げ伸ばしができなくなります。

治療の方法は

 滑膜に炎症がおきた初期段階で、まわりの組織が破壊されないうちに治療を始めることが重要です。

治療には、関節破壊を防いで炎症や痛みを抑える薬物療法と、関節を保護して機能を維持するリハビリ、失われた機能を回復させる手術などがあります。

しかし、患者が病気を理解して、治療にとり組む積極性が不可欠な要素になっています。

関節リュウマチは完全に治るのでしょうか?

 今のところ、決定的な原因や確実な治療法がわかっていません。

発症原因の40%程度が遺伝子によるもので、60%程度は環境からのストレスが免疫システムに与えた影響だとされています。

初期の炎症で治療を開始すれば、炎症を抑えて暫定的に治療の必要をなくせますので、最善の方法と言えます。

いずれ再発したときに、同じことを繰り返すようになりますが、進行は食い止めることができます。

発症を予防する方法とは

 喫煙者は口腔内細菌や腸内細菌のバランスが崩れるので、リウマチの発症を予防する第一歩は禁煙だとされます。

最近は、薬である程度の発症予防ができそうな研究が進んでいます。

 細胞をつなぎとめる働きをするコラーゲンが減少して、関節のクッションが磨り減ったときにも痛みが生じますので、関節痛や腰痛がでた場合でもリュウマチだとはかぎりません。

まず、要因となっているような環境ストレスを解消して、食事の改善を試みながら、受診するようにしてみてください。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
女性に多い関節リュウマチ!原因・症状・治療・予防
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事