ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

人気のオメガ3!多く含まれる食べ物は何?ダイエット効果はあるの?

 10年位前から日本でも話題になっていて、オメガ3入りの卵などの食品やサプリが多く市販されるようになってきています。

できれば毎日の食事の中に取り込んで、自然食品の中から不足しないように摂取したい栄養素の一つですが、健康に良いことはわかっていても、その効果や摂り方については良くわからないという人も結構多いようです。

スポンサーリンク

オメガ3とは

2

出典:http://www.yamano-life.jp/

 オメガスリー、またはn-3脂肪酸とも呼ばれ、魚油に含まれているDHAやEPA、エゴマや亜麻種子などの植物油に含まれているα-リノレン酸などの脂肪酸の総称で、不飽和脂肪酸に分類されています。

不飽和脂肪酸には主に、オメガ3系とオメガ6系の2種類があって、この2つは私達の体内では作り出せないために、食事などで補給する必要のある必須脂肪酸になっています。

オメガ3系とオメガ6系は私たちに体の中で正反対の働きをするので両方の摂取のバランスが必要なのですが、今の日本ではオメガ6系が過剰摂取されて、オメガ3系が不足していると言われています。

厚生労働省による、「増やすべき栄養素」の中にも入っている栄養素です。

オメガ3の働きは

 脂肪を燃焼させ、中性脂肪と悪玉コレステロールを下げます。

さらに、関節炎の痛みを緩和して肝臓や心臓血管系の病気を予防します。

また、脳機能が活性化して記憶力や学習能力を高めたり、皮膚のアンチエイジング効果やうつ症状の軽減、炎症やアレルギーの抑制に効果があるとされています。

過剰摂取とされるオメガ6の働き

 アレルギー促進や炎症促進、血栓促進作用などがあり、血液を固める働きをするといわれます。

これの過剰摂取が、アトピーや花粉症などのアレルギー症状の原因にもなっていると考えられています。

スポンサーリンク

6

出典:http://www.gan-kokufuku.net/

オメガ3を多く含む食品

 青魚、サバ、アジ、イワシ、カマス、ニシン、サンマなどの背が青い魚は、植物プランクトンが合成したDHAやEPAが豊富です。

100g中のDHAやEPAの含有量は、カタクチイワシが1,870mg、ニシンが1,650g、カマスが1,280g、サバが1,200g、マアジが660g、サケが610gとなっています。

クルミ、アマニ油、シソ油、大豆

 これらに含まれるα-リノレン酸はDHAやEPAを作り出します。

100g中のα-リノレン酸の含有量は、エゴマが24,000mg、クルミが9,000mg、大豆油が6,100mg、となっています。
このほかのマメ類や緑黄色野菜も、α-リノレン酸の供給源として推奨されています。

過剰摂取とされるオメガ6を多く含む食品

べにばな油、コーン油、ごま油、サラダ油、マヨネーズなどが挙げられています。

オメガ3でダイエット

オメガ3の、血中の中性脂肪やコレステロールを減少させ、血液をサラサラにする効果が、ダイエットの効果を高めてくれます。

全身の血行をよくして代謝を高め、体内の脂肪をエネルギーとして燃焼させる働きを促進するのです。

オメガ3脂肪酸は、ダイエットに大きな効果を発揮する脂肪酸です。

 日本人はオメガ6の摂取量が多すぎると言われていますが、オメガ6はオメガ3と協力して健康管理をしていく大切な栄養素で、私たちの体に欠かせないものです。

大切なのは、オメガ6とオメガ3のバランスの取りかたです。簡単にオメガ3を摂取する方法としては、クルミを活用するように、と良く言われています。

一度、食生活の内容を見直してみても、生活習慣病の予防に効果があるかもしれません。

スポンサーリンク

芸能人もリピーター続出の冷凍ピザ

冷凍ピザとは思えない、手伸ばし窯焼き生地の美味しさに、 「冷凍ピザの概念が変わる」と大好評です!値段も宅配ピザと比較して半額!解凍もオーブンでたったの6分できちゃう♪

大人気過ぎて現在2ヶ月待ち★予約は、お早めに♪

大好評のピザに続き、パエリアも登場
人気のオメガ3!多く含まれる食べ物は何?ダイエット効果はあるの?
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事