ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

寒い冬の入浴中は危険信号?ヒートショックの原因と対策

 寒くなってくるとテレビや紙面でよく出てくるヒートショック

なんとなく「急激な気温の変化がダメなんでしょ?」と思っている人が多いのではないでしょうか?

 では、どのような仕組みでどのような症状が出るのか、原因や対策を詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

ヒートショックの原因

 寒い時期に多くなりがちな急激な温度変化による血圧の上昇・下降が原因で起こる健康被害のことをヒートショックと言います。

では、なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

 日本では寒い時期に家全体を温めるのではなく部屋(みんながいる居間やリビング、各自の部屋)を単体で温めるという考え方が一般的です。

つまり、家の中にいながら暖かい部屋から寒い部屋への移動が起こります。

また、入浴によるヒートショックは大怪我になったり最悪死亡に至るケースも多く注意が必要です。

入浴によって引き起こされる血圧の変化

  1. 温かい部屋から寒い脱衣所に移動しお風呂に入るために衣服を脱ぐ→体から熱が奪われないように血管が収縮し、血圧が上昇
  2. 浴槽に入る→交感神経が緊張し、血圧が急激に上昇
  3. 肩までお湯に浸かる→水圧で心臓に負担がかかり、血圧が更に上昇
  4. そのまま浴槽内でほっこりする→血管が拡張し、血圧が急激に下降
  5. 浴槽から出る→入浴のためにかかっていた水圧が下り、血圧が下降
  6. 温かい浴室から寒い脱衣所に出る→1と同じように血圧が上昇

※ 上記の間更に、体や頭を洗うために浴槽を出入りすると3・5が起こり、その度に血圧の上昇・下降が起こります。

ヒートショックによる症状

 ヒートショックの症状としては血管に関係する疾患(心筋梗塞、不整脈、脳梗塞)が目立ちますが、入浴中に血圧が急激に低下し失神して溺れて死亡、また立ち上がった瞬間に立ちくらみ等を起こし転倒、頭を打ち大量出血による死亡や大怪我なども目立ちます。

 ヒートショックが原因で亡くなる人は1年間で約1万7000人もいるとみられ、その数は交通死亡事故の3倍以上!!

スポンサーリンク

特に多い12月~1月と最も少ない8月を比べると11倍にもなります。

ヒートショック1

 また、ヒートショックで亡くなった人の65歳以上の割合を見てみると80歳以上が60%、70歳代が30%、65~69歳が10%と高齢なほどヒートショックによる危険は高くなるようです。

ヒートショックにならないようにするの対策?

 考え方としては家の中の温度変化をなくせばいいのですが、あまり金額がかかるものはちょっと・・ですよね?

 なので、その時々でできるちょっとした対策をご紹介します。

  • 脱衣所と浴室の扉を開け、浴槽の蓋を取ってお湯をはる→お湯を入れる際の湯気で脱衣所まで温まります。温かい脱衣所で服を脱ぐことができますし、脱衣所と浴室との温度差がなくなるので効果的です。
  • 上記と同じ方法でシャワーを使ってお湯をはる→上記よりも早く脱衣所の温度が上がります。ただ、お湯が冷めやすいのでいつもと同じ温度にしたければ少し高い温度で入れる必要があります。
  • 夕食前や日没前にお風呂に入る→まだ気温が下がりきる前に入ることで急激な上昇・下降を少しですが抑えることができます。また、夕方はまだ体が活動的なため温度差への適応もしやすいです。
  • 入浴最初の温度設定を下げる→急激に血圧を上げさせないためにお風呂に入る最初の温度は少しぬるめにし、落ち着いてから少しずつ温度を上げれば血圧の急激な変化を防げます。
  • 浴槽に入ったり上がったりする行動をゆっくり→入るときは浴槽の淵に座って足を暖める。それからゆっくりと体を沈めていきます。また、上がるときも一気に立ち上がらずに浴槽の淵に1度座り落ち着いてから立ち上がるようにしましょう。
スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
寒い冬の入浴中は危険信号?ヒートショックの原因と対策
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事