ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

【初心者向け】キャンプ用品を選ぶポイントはココ!

 天気が良い日には、海や山に、キャンプに繰り出したい!でも、初めてキャンプデビューするときは何を用意したらよいのか迷いますね。

そこで、これだけはそろえておきたいものと、選ぶポイントやキャンプ用品の予算など、キャンプ用品に関するすべてをご紹介!あわせてキャンパーに人気のあるブランドもご案内します。これを持ってキャンプに行けばまちがいなしです!

スポンサーリンク

キャンプに必要なもの

テント

【ここに画像】http://kawase-net.jp/wp-content/uploads/2015/02/BDK-15-1.jpg
テントを選ぶ時は大きさ、色やブランド、価格などを総合的に見て決めます。
テントには使用予定人数が表示されていますが、これは一人分の空間を、かなりせまく計算してあります。テントを選ぶ時は、テントに表示してある予定人数より、すこし大きめのテントを買ったほうがよいです。定員人数+一人、子供なら+二人を目安に選ぶとよいです。逆にあんまりテントが大きいと設営も大変になります。
キャンプの主流となっているテントはドーム型のテントです。小型で軽量なため移動や撤収、設営が簡単にできます。テントは大きさやメーカーによって価格に差がありますが、15000円から50000円ぐらいまでのものが一般的です。

シュラフ(寝袋)

【ここに画像】http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/vic2rak/cabinet/deuterbag/007-125184-i03.jpg
シュラフを選ぶポイントは、サイズと適応温度です。小さすぎるときついし、おおきすぎると風が入り寒くなります。体形に合ったものをおすすめします。また使用する時期と適応温度の関係が大事です。寒冷地仕様のものは夏には暑くて寝苦しいです。冬季に夏用温度のシュラフを使えば寒くてたまりません。シュラフは5000円前後のものが一般的なのでそのくらいを目安に購入するとよいです。
シュラフにはマミー型と封筒型の二種類あります。マミー型は人の形をしており、顔だけを残してすっぽり入れるのが特徴です。コンパクトに収納でき、保温性も高いので人気が高くなっています。
封筒型は、幅が広くゆったりと寝ることができます。二つ連結もできるので家族で使用することもできます。反面、かさばるので持ち運びがしにくいという面もあります。
【ここに画像】http://ecx.images-amazon.com/images/I/51k2aH7gMnL._SL1200_.jpg
ガスコンロorバーナー:
【ここに画像】http://ecx.images-amazon.com/images/I/41Y04XK66VL.jpg
お湯を沸かしてコーヒーを飲んだり、カレーを作ったりするのにとても便利なのがガスカートリッジ式のコンロやバーナーです。ガソリン式のもありますが、安全性や利便性からいうとガス式のタイプのものが断然良いです。2000円から5000円ぐらいまでのものが多いです。
イス
【ここに画像】http://ecx.images-amazon.com/images/I/41BR9h4aQVL.jpg
イスには主に分けて、二種類あります。くつろげるリクライニングタイプのイスと、長く座っても疲れにくい折り畳みタイプのイスです。リクライニングタイプはゆっくり座ってまったり過ごしたいときにおすすめ。目的に応じて使い分けてもいいですね。キャンプ初心者なら最初は折り畳みタイプの5000円前後のイスを買うとよいでしょう。
イスの収納には、まん中に引き寄せてたたむタイプの収束型と呼ばれるタイプと、薄く折りたたむタイプと、二種類あります。収束型はコンパクトにたためて持ち運びが便利。人数が多い時は、イスの数も多くなるため、収束型のイスの方が車に乗せやすいです。
【ここに画像】http://ecx.images-amazon.com/images/I/718KCe4TvbL._SL1227_.jpg

スポンサーリンク

テーブル
【ここに画像】
https://snowpeak-store.s3.amazonaws.com/media/img/product/206_compare.jpg
キャンプ用のテーブルは様々な物が売られています。使いやすいのはワンアクションテーブルと呼ばれているもので、折りたたまれた2枚の天板を開くと、中からテーブルの脚が現れるもの。時間もかからず、すぐにテーブルセッティングが可能です。値段は20000円ぐらいからとちょっと高めです。予算に応じて購入すると良いです。
このほかにロールテーブルもとっても便利です。天板の部分がロール状にくるくるとまいてしまえるテーブルです。5000円前後からあります。
ランタン
【ここに画像】
http://ecx.images-amazon.com/images/I/4171dR8jnKL.jpg
ランタンを選ぶポイントは電源です。電源には、ガソリン、ガス式、電池式とあります。
ガソリンは火力が強く、明るく照らしてくれます。オートキャンプではガソリンが便利です。ガス式は扱いが楽でツマミをひねるだけなので、初心者でも簡単につかえます。また最近は、LEDの電池式が普及してきています。電池式なら空気もよごさず、安全性が高いので子連れのキャンプには最適です。数千円から1万円ぐらいまでさまざまな物が発売されています。
調理器具・食器
まな板や包丁は、キャンプ用品が売られていますが、意外と小さくて使いにくいもの。買うなら家庭用のまな板や包丁がおすすめです。そのほか食器類も火に強いメラミン性があります。最初はいきなりそろえなくてもよいので、たとえば家庭にある包丁やまな板をキャンプで使って、慣れてきたら買いそろえる方がよいでしょう。食器も割りばしや紙コップ、紙皿を使えば後始末も楽です。
その他クーラーボックス、バーベキューセットなど
クーラーボックスはあまり大きすぎると現地で運ぶのが困難になる場合もあります。目安として4人家族で1泊2日のキャンプで40リットルから50リットルぐらいの容量が目安になります。値段としては7000円前後のものが一般的です。
またキャンプといえばバーベキューですが、バーベキューに必要な燃料は火力が強い備長炭が良いです。またトング、ライター、チャッカマンなどもあると便利です。燃料代としては5000円位を見ておけばよいのではないでしょうか?
【ここに動画】https://youtu.be/t3ZThGtP470
初心者向け!キャンプ道具紹介!Camping equipment introduction for beginners!
キャンプ用品の予算
家族4人だと仮定して、初心者用に一通りそろえた場合、だいたい11万円~12万円ぐらいになると推定されます。もちろんいきなり全部そろえる必要はなく、最低限テントや寝袋さえあれば、キャンプ場でレンタルしてくれるところが多いので最初はレンタルから始めてみるとよいです。
キャンプ用品のブランド
キャンプ用品を選ぶ時に気になるのがブランドです。キャンプ用品のメーカーはたくさんあります。
スノーピーク:キャンパーの憧れのブランドです。キャンプ用品メーカーの最高峰といえるでしょう。値段は他社と比べて高めですが、品質は最高です。特に「アメニティドーム」シリーズのテントは耐久性が高く多少の風ではびくともしない設計になっています。
【ここに画像】http://img02.naturum.ne.jp/usr/hideken/t_IMG_110926_9137.jpg
コールマン:キャンプ用品といえばコールマンというくらい絶大な人気を誇るアメリカのメーカーです。テントだけではなく、イスやランタン、シュラフな豊富なラインナップがそろっています。値段も手ごろな物が多く初心者がキャンプ用品を選ぶのには最適なメーカーです。
ロゴス:メープルリーフが目印の総合アウトドアメーカー。親しみやすいデザインやカラーが、多くのファンに愛されています。
モンベル:国内のアウトドア製品のトップメーカー。値段が手ごろなので買いやすいという特徴があります。冬用ジャケットの品質は定評があります。
小川キャンパル:テント専門メーカーなので、テントは超一流。技術力の高さは消費者から強い信頼を得ています。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
【初心者向け】キャンプ用品を選ぶポイントはココ!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事