ピアスを初めて開ける人向け!必要な道具や正しい開け方・消毒法!痛くない位置はどこ?

a52e04b3da3279a609c5da30c56b06f7_s

 耳のピアスは、幅広い年齢層の人から人気があります。

女性ばかりではなく、近年では男性でも多く見かけるようになっています。

場所柄に合わせてさりげなくつけているピアスは、おしゃれな演出の一つになっていますし、これからはもっともっとピアス人口が増えることが予想されています。

スポンサーリンク



ピアスを開けるために必要な道具は?

 ピアスを開けるときは、専用のニードルか、ピアッサーになります。安全ピンや縫い針などの、専用でないものを使って開けないようにしましょう。

雑菌によって腫れたり膿んだりするトラブルの元になります。やむを得ず使用するときには、一旦火で焼いてから十分に消毒を施して使います。

専用ニードル

 ピアスを開ける専門道具で、病院やスタジオなどの専門の人たちが使います。

皮膚を少し切って穴を開けるので、傷の治りも比較的早くて傷口もきれいです。

ニードルの値段は200円くらいからあり安価なのですが一般の人が入手するのはインターネットがほとんどで、入手までに時間がかかります。

使うにあたっては専門知識と技術が必要ですが、穴開けの痛みはほとんどありません。

スポンサーリンク

ピアッサー

 誰でも簡単にピアスが開けられるようにデザインされたもので、専門知識や技術は必要がありません。一般に広く市販されているので簡単に手に入ります。

一気に穴を開けられて斜めに刺さる心配もいりません。ただし耳の肉を押しつぶすことになるので、痛みはニードルよりもあるといわれますしし、傷口の治りも時間がかかります。

値段は800円くらいからありますが、セットになったファーストピアスの種類によっても値段が違います。

ピアスの開けた後の消毒法は?

 ピアスの穴は傷口ですから、穴が落ち着くまでは消毒や洗浄が必要になります。

専門家に開けてもらったときは、アレルギーなどで素材が体質に合わないなどの例外を除いて、洗浄だけでも良いようです。

消毒をする場合には、傷口に過度な刺激を与えないようにしながら、清潔に保つつもりで消毒液を使いましょう。

 ピアス専用のジェルタイプの消毒液が市販されていますので、強い消毒薬よりもこちらの方がおすすめです。

穴が落ち着くまでは、普通の場合は2ヶ月から3ヶ月くらいかかります。綿棒やコットンに沁み込ませた消毒液や洗浄液で、朝晩拭いてケアをします。

具合が気になってファーストピアスを外しておくと、穴がすぐにふさがってしまいます。

自分でピアッサーを使う場合

 綿棒やコットンに沁み込ませた消毒液で耳たぶを消毒してから、ペンなどで印をつけた開けたい場所に両手でピアッサーを当てて最後まできっちりと押し切ります。

押し切った直後はファーストピアスを付けたまま再び消毒をします。

ピアスを開ける痛くない位置は?

 軟骨ピアスではなく耳たぶなら、あまり痛みません。

氷で耳たぶを冷やしてから開ける人もいますが、この場合には冷えが収まってからよけいに痛くなるそうです。

 ピアスに使われている金属で化膿する人が、結構います。この場合には消毒は効果が無く、化膿部分の皮膚の刺激を強めるだけです。

体質に合った違う金属を見つけて使うしかありませんが、ピアスを開けたばかりのときは取り替えないで、少なくとも1週間くらいは待ったほうが穴が落ち着きやすくなります。

スポンサーリンク

ピアスを初めて開ける人向け!必要な道具や正しい開け方・消毒法!痛くない位置はどこ?
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事