ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

ストレスが原因でめまいが起きるメニエール病とは?

 若い女性がストレスでめまいを起こす病気として知られているメニエール病ですが、どうやら若い女性には限っていないようです。

類似の症状がでるほかの病気もありますから、メニエール病の診断が下される前には十分な問診が必要で、めまい発作や難聴発作が1回起きただけではメニエール病とは診断されません。

いくつかの基準を満たしている症状だけがメニエール病と診断されるようです。

スポンサーリンク

メニエール病とは

 激しくグルグル回転するようなめまいと難聴や耳鳴り、耳が詰まっているような感覚の4つの症状が同時にあって、それらを繰り返す内耳の疾患です。

厚生労働省の特定疾患に指定されている難病でもあります。

メニエール病の原因

 内耳のリンパが増え、水ぶくれになってむくんでいる状態です。

リンパ水

出典:http://tomo-ent.jp

内リンパ水腫ともいいます。内リンパ水腫は、ストレス、睡眠不足、疲労、気圧の変化などが原因であるとされていて、几帳面な性格の人によく現れます。

内耳には、音をつかさどる蝸牛と、平衡機能をつかさどる三半規管や耳石器があります。

それらのどこが水ぶくれになったかによって症状も違ってきます。

メニエール病の症状

 数十分以上続く激しい回転性のめまいと、特に低音域が聞き取り難くなる難聴、耳鳴り、耳閉感が同時に起きて、数日から数ヶ月の間隔をおいて繰り返します。

スポンサーリンク

吐き気、嘔吐、冷や汗、顔面蒼白、動悸、温度に対する感覚異常なども起きます。

蝸牛が水ぶくれになってむくんでいる場合

 音をつかさどる器官が大きく水ぶくれになれば難聴が強くなります。

小さければ難聴にはならないで、耳が詰まったように感じたり耳鳴りや音が響いているような感じだけの場合もあります。

三半規管や耳石器が水ぶくれになってむくんでいる場合

 難聴などの蝸牛の症状よりも、めまいが強くなります。

グルグル回転しているような激しいめまいから、フワフワと不安定な雲の上を歩いているような感じのめまいまで、さまざまな程度がありますが、大体は10分程度から数時間くらい続きます。

ただし、長くても1日以内に治まります。

メニエール病の治療

 まず、強いめまいをおさえることが大切ですので、飲み薬か点滴でめまい止めや吐き気止めが処方されます。

めまいが改善して飲み薬が可能になってから、めまい止めと共に浸透圧利尿薬を使って内耳のむくみを取り始めます。

このときに、抗不安薬や循環改善薬、ビタミン剤なども組み合わせて処方されます。

完治までの治療期間

 入院している期間は平均して11日間くらいですが、退院してもまだ完治はしていませんからその後3か月から1年くらいの治療が必要です。

 メニエール病は、男女ともにストレスが溜まる30代から50代が多いそうです。

薬物療法に加えて、体が感じているストレスを解消できればこの病気の完治を早められるともいいます。

病気の早期発見もまた、早い完治につながります。薬を摂りながら、ストレスの原因となる生活習慣を見直してみましょう。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
ストレスが原因でめまいが起きるメニエール病とは?
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事