ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

軽度認知障害(MCI)とは?原因・症状・治療法

 さまざまな原因で脳の細胞が死んだり、働きが悪くなったりしたために起こる脳の障害だといわれる認知症は、近年とくに世間の注目を集めるようになっています。

2012年時点での厚生労働省研究班の調査では65歳以上の15%が認知症。

認知症と認知症の前段階である軽度認知障害の患者は4人に1人。

2025年には3人に1人にまで増加するとの予想が発表されています。

軽度認知障害出典:http://2.bp.blogspot.com

スポンサーリンク

軽度認知障害(MCI)とは

 健常者と認知症の中間の状態です。

日常生活には支障はなく、日常の動作や全般的認知機能は正常で認知症ではないにもかかわらず、本人または家族が不可解な記憶障害があると認めている状態です。

この段階で放置すると、5年間でその約50%の人が認知症へと進むそうです。

この段階なら完治はできなくとも進行を阻止して、最後まで認知症の症状が出ないことも可能ですから、早期発見で予防対策をとることが重要です。

認知症の種類

 脳に変調が起きて、記憶や知能に障害がでるもの全般を認知症といいます。

主な種類は、アルツハイマー型認知症、脳血管型認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症です。

約60%はアルツハイマー型認知症、約20%は脳血管型認知症といわれています。

認知症の原因

全般的に、生活習慣病が大きく関係しているといわれています。

脳血管性認知症

 動脈硬化が原因です。

高脂血症や高血圧によって促進されます。

高血圧があると、発症のリスクが3.4倍になるとも報告されています。

アルツハイマー型認知症

 若いときから少しずつ、神経細胞の表面に蓄積する異常なたんぱく質が神経細胞を圧迫したり死滅させていき、蓄積が大きくなって高齢になると障害として出てきます。

スポンサーリンク

40代や50代とかの比較的若い年代で現れるアルツハイマーのほとんどは、遺伝的にアルツハイマーの要素をもっているとされます。

糖尿病があると、発症のリスクが4.6倍になるとも報告されています。

軽度認知障害(MCI)の症状

 軽度認知障害のはっきりした基準は、まだ確立していません。

ただし、認知障害が認められるのは、エピソードの記憶、注意分割機能、行動管理の思考能力の3つの分野になります。

エピソードの記憶

 個人的な直接の体験についての、時間や場所、環境、感情などです。

注意分割機能

 同時に進行する物事への注意力や思考の配分などです。

行動管理の思考能力

 複雑な判断をしたり、目標を設定したり、計画をたてたりなどの、管理能力です。

認知症の治療

 最近は、認知症の診療を専門的に行う「物忘れ外来」も設けられていますが、一般的には最初に精神科、神経科、神経内科、老年病内科、老年内科などで受診します。

この認知症の場合は、家族とかの周囲の人が状況を説明する場合が多くなりますが、できるだけ患者と医師の信頼関係を結んでいくことが大切です。

 介護保険では、原則としてサービス費用の1割を利用者が負担し、9割が保険から給付されます。

また施設を利用した場合には、それらの他に、食費、滞在費、日常生活費が自己負担になります。

認知症を予防するには

 認知症の予防としては、適度な運動と頭を使う習慣、ストレスを避けて対外的に社交的になることなどが挙げられています。

よく噛んで食べることも、理解力に関係する前頭前野の神経細胞の働きが活発になると確認されているといいます。

 また、魚介類や野菜、果物を多くとっている人は、アルツハイマーになりにくいというデータもあります。

逆に、アルツハイマーの患者には、肉と甘いものの摂取量が極端に多かったり、水分やカロリー不足の人が多いとの報告もあるようです。

 誰もが生涯を通して、なるべく健康な精神活動を維持して、健康な脳細胞も維持したいと願います。

認知症を患っているご家族がいる人はそのお世話が大変だと、ニュースにもなっています。

一日でも早く認知症のメカニズムが完全に解明されて、効果的な予防策と治療が可能になって欲しいものです。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
軽度認知障害(MCI)とは?原因・症状・治療法
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事