ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

ドライブレコーダーを選ぶポイント!事故や当て逃げ!用途に合ったおすすめの機種!

f87afc59d889df714faa22307388cf76_s

 万が一の事故がおきた時の第3の目として活躍しているドライブレコーダーは、日本では2003年頃に映像記録型として実用化がされるようになってから一般の車両にも少しずつ普及し始めたようです。

不幸な事故に備えるだけではなくいろいろな使い道もあるようですし、これからもドラレコの略称のもとに、もっともっと普及していくことが見込まれている分野です。

スポンサーリンク

ドライブレコーダーとは

 車載型画像記録装置とも呼ばれることがあります。

飛行機で例えればブラックボックスのような働きをする装置で、事故の前後数十秒間のデータを映像付きで残してくれます。

ドライブレコーダーに移行する前は、自動車事故の前後のデータだけを記録するタコグラフが主流だったので、原因究明は主に事故の当事者の話と目撃証言に頼っていたのです。

ドライブレコーダーでもっと客観的に状況を立証できるようになって、事故の減少にもつながってきていると言われています。

ドライブレコーダーを付けるメリット

  1. 交通事故の原因究明に役立ちます。

    圧倒的に実証済みで役に立っているのですが、唯一つの問題は、交差点のLED信号機です。

    LED信号機の点滅状態と動画カメラの撮影タイミングが合わない瞬間があるので、その両方の瞬間がピッタリとあってしまった場合には、動画にLED信号機が点灯していないように写ります。

  2. バックでの車庫入れが楽になります。

    車載カメラが、車庫入れや縦列駐車などでの死角をカバーしてくれます。

  3. 当て逃げの相手を特定できます。

    振動を感知して自動で録画してくれる機能搭載機器ならば、不在中の当て逃げなどでも相手を特定するのに役立ちます。

  4. 運転中の自動撮影をほかの目的でも使えます。

    メモリーカードを買い足せば、撮影時間をかなり延ばせるので、旅行の後でパソコンで見たりほかの人と共有したりできます。

ドライブレコーダーを選ぶ時のポイント

年々ドライブレコーダーの需要が高まってきています。

それにつれてさまざまな種類が市販されるようになっています。

  • 映像記録のタイプ

     急ブレーキや衝突などの衝撃で作動し始めるイベント記録タイプと、自動車の衝撃に関係なく連続して作動している常時録画タイプがあります。

    常時録画タイプでは、設定した時間数を超えると自動的に上書きをしていきますが、上書き禁止にすればそこで止まります。

  • 画質
    画質が悪いと、万が一の事故のときに有効となる映像を得られないこともあります。
  • 水平視野角の広さ

    カメラの視野角が広ければ、問題となる瞬間を中心にその状況を把握しやすくなります。

  • 夜間撮影モード

    夜間の撮影も、鮮明な映像が必要です。

  • 録音機能

    できれば録音装置付きのほうが、より説得力がありますし、事故ではない場合に使うときも役に立ちます。

  • 扱い方

    ドライブレコーダーは、運転の妨げにならない位置に設置しなければなりません。設置したあとで微調整が簡単にできるディスプレイ付きが便利です。

おすすめの機種

実際の事故があったときに役に立つ画質と水平視野角において人気が高いのは、ユピテルのDRY-WiFi20c、次がASUSのRECO Classicなどです。

スポンサーリンク

有ると便利な事故の傍証機能、当て逃げやイタズラ対策、事故防止のための安全運転支援機能などの点で、人気が高いのは、トランセンドのDrivePro 200と、コムテックのHDR-251などです。

 ドライバーにとって事故はあってはならないものですが、一生を通して完全な無事故の人は少ないようです。

その、あってはならないときに相手からガンガンと能弁にまくし立てられて気おされてしまうよりも、客観的なデータで状況を判断できる方が好ましいのは言うに及びません。

また、愛車を護ったり安全運転をするためにも、これからはもっと普及していきます。

もっとも、一旦使い始めてそれに慣れてしまうと、設置していない車の運転が不安になることもあるのですが、これは仕方の無いことです。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
ドライブレコーダーを選ぶポイント!事故や当て逃げ!用途に合ったおすすめの機種!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事