ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

若年性認知症の原因・症状・予防法!簡単にできる診断できるチェックリスト

785fc1750088e12b6a3edeb93037fa18_s

 64歳未満の若い世代で始まる若年性認知症の場合は、収入が減ることに加えてご家族の負担が大変大きくなりがちで、問題になってきています。

コールセンターが開設されたり、自立支援ネットワークやケア・モデル事業などを通してご家族の支援に乗り出してはいます。

しかし、いまだに本人やご家族のストレスが大きいといいます。

スポンサーリンク

若年性認知症とは

 脳血管障害やアルツハイマー病によるものが圧倒的に多く、頭部外傷後遺症やアルコール性の認知症もあります。

もちろん老人性認知症と共通した原因のもみられます。

発症は40代後半からみられますが、平均では約51歳、男性の方が女性よりも多いそうです。

全国の患者は4万人くらいで、物忘れが出始めて仕事や生活に支障をきたすようになっても、うつ病や更年期障害などと間違われて診断が遅れる傾向があります。

若年性認知症の症状

 初期症状では、物忘れが起こるようになり、大事な予定を忘れてほかの人に指摘されても予定そのものが記憶から欠落していて思い出せなくなったりします。

それまでやり慣れていた作業、たとえばゲームのルールや通勤ルートなどに支障をきたし始め、さらに、日付や曜日、今いる場所が分からなくなってきたり、距離感がつかめなくなってぶつかったり、鏡に映る映像が理解できなくなったり、物を置き忘れて探せないとか会話への支障が出たりします。

スポンサーリンク

若年性認知症の診断方法

一般的に脳神経外科、神経内科、神経科などで受診しますが、仕事をしている世代でもあり受診する場合には週末に集中的に検査をしてくれる病院が便利です。

チェックリストでの診断は多くの医療機関で受けられます。

自分でもできる診断をしてみるときの項目

チェックリスト
  • 同じことを繰り返し話したり、人に聞いたりする。
  • 通い慣れた道なのに迷ってしまう。
  • 日付や曜日がわからなくなる。
  • 自宅の住所や電話番号がわからない。
  • 親しい人の顔が思い出せず、名前がわからい。
  • 会話中に使いなれた言葉につまったりしてうまく喋れない。
  • 簡単な計算が困難になり、計算ミスが増える。
  • 最近の出来事を覚えていない。
  • 探し物や忘れ物が多くなる。
  • 今日食べたものを覚えていない。
  • 鍋を焦がすことが増える。
  • 特別な理由がないのにそれまでの日課をしなくなった。

若年性認知症の予防法

 脳血管性やアルコール性の認知症なら、食事の内容や運動、喫煙などの生活習慣を改善して規則正しい生活を送るようにすれば予防できるようです。

全般的に、旅行に出かけたり、友人との交流を保ったり、外出や他人とのコミュニケーションを行うことで常に脳を活性化してストレスを溜めないライフスタイルがあれば、予防にはかなり効果的だといわれています。

 認知症は若年性も老人性も、早期発見と早期治療が大切です。

そうすれば症状の改善や進行を遅らせる重要なポイントになります。

早めに手を打って少しでも不安を取り除くのは、大切なご家族のためにもなります。忙しさやためらいのために遅らせて、仕事を失うなどの最悪の結果を招くのは、是非避けたいものです。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
若年性認知症の原因・症状・予防法!簡単にできる診断できるチェックリスト
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事