ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

虫歯予防をしながら削らない治療法の自然治癒!効果がある歯とは?

f0f1f4e94fa3c061309071ebc74f0790_s

 虫歯は、大人にとっても子供にとっても馴染みの深いものです。

風邪と同じように誰でもが虫歯になりやすく、それだけに子供の頃から毎日歯を磨いたりして日常的な世話をしているわけですが、それでもチョットした油断や原因で虫歯になってしまう人が多いようです。

スポンサーリンク

虫歯の原因

 虫歯の一番の原因菌はミュータンス菌だといわれています。

ミュータンス菌は私たちの食物の糖分で活発になり、歯の周りに菌類の住みかであるねばねばした歯垢のプラークを作り上げ、そのプラークの中で歯を溶かす酸を作り出すのです。

歯を溶かすというのは、歯のエナメル質の内部にあるカルシウムやリンが溶け出す状態で、これが虫歯の原因になります。

一度虫歯になると、元の健康な歯に戻ることはありません。

虫歯の治療

 虫歯の治療には、詰めものをしたり、また削ったあとにかぶせるクラウンの種類などを含めて、様々な方法があります。

昔は早期発見・早期治療といわれていましたが、今は早期発見・早期予防が大切だといわれています。

その理由は、一度でも治療をてしまうと、一度も治療をしたことがない健康な歯に比べて再び虫歯になりやすくなるからです。

 予防をしても進行を止められないような状態の虫歯以外は、基本的には削らないで進行を止めるような適切な予防措置をしながら様子を見るようになってきています。

スポンサーリンク

普通の虫歯なら、3ヶ月かた6ヶ月くらいなら急速には進行しないそうです。

予防をしながら削らないで治す自然治癒

 軽い虫歯なら、健康な元の状態には戻らなくても自然治癒させることができるといいます。

それには、エナメル質の内部にあるカルシウムやリンが溶け出すのを抑えて歯を再び石灰化して強くしていく必要があり、いくつかの条件も必要になります。

私たちの唾液も大切な役割をになっています。

ただし、親不知や金属やプラスチックの劣化による虫歯、または神経の無い歯には効果が無いようです。

プラークをしっかり落とすこと

 歯ブラシやデンタルフロスを毎日使って、口の中を酸性ではなくアルカリ性にしておけば、唾液中のリンやカルシウムが軟らかくなった虫歯に沈着して虫歯を抑えてくれます。

フッ素の活用

 フッ素は初期の虫歯を治したり、歯を強くしたり、虫歯菌の活動を抑えたりする効果があります。

ジェルタイプのフッ素などを歯に塗ると効果的だといわれます。

間食と糖分を控える

 食事のたびに口の中が酸性になるので、歯が溶けていきます。

キシリトールガムを噛む

 虫歯の発生や進行を抑えるキシリトールが配合されたガムを食後に噛めば、唾液も多く分泌されるので虫歯の自然治癒を助けてくれます。

 虫歯の進行を抑える方法としては、歯医者で定期的にプラークをとってもらうことが大切です。

毎日の歯磨きでは取りきれないプラークがありますし、虫歯の表面の凹凸や穴の汚れを取り除くなど、自分ではできない掃除もあるからです。

自然治癒できる虫歯の状態には限りがありますし、自然治癒しているのかどうかを確認してくれるのも歯医者になります。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
虫歯予防をしながら削らない治療法の自然治癒!効果がある歯とは?
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事