ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

石油ファンヒーターの臭いがする原因・メンテナンスの仕方・しまい方!

47a2943e20ddaca8542062f9974f4f9e_s

 寒い冬の日にありがたい石油ファンヒーターは、近年は手軽な電気ファンヒーターにおされ気味なようですが、それでもコスト性などにおいて優れているために人気のあるアイテムです。

北米では、ケロセンファンヒーターと呼ばれます。便利ではあるのですが、良く聞かれる問題点は、着火や消化のときの臭いが気になることです。

スポンサーリンク

石油ファンヒーターが臭くなる原因

 石油ファンヒーターは、気化装置で気化させた灯油と部屋の空気を混合して燃焼させます。

その燃焼のときに燃焼しきれないで残ってしまうガスに含まれているハイドロカーボン(炭化水素)が臭いのです。

 点火の時と、とくに消火の時には、この未燃焼ガスが大量に発生するので臭います。毎年使っている石油ファンヒーターが、急に以前より臭く感じられるようになったら、もしかしたら部屋の空気に含まれているホコリやヘアースプレーなどのシリコンなどで、ファンヒーターの内部が汚れているのかもしれません。

タンクの中の灯油が変質してしまっているときも臭います。

メンテナンスの仕方と対処法

 ファンヒーターの内部やフィルターは、できれば毎年掃除をしてきれいにしておくと長く使えるようになります。

スポンサーリンク

ファンのフィルターの掃除

 後部などについているファンカバーからファンフィルターを取り外して、付着しているホコリの掃除をします。

汚れがひどいときは、洗剤などを使って浸け置きしてから、水で洗い流します。

石油タンクについている油受けのフィルターの掃除

 油受けは水で洗ってはいけません。まだ使っていない新しい灯油を使って洗います。

古い灯油は変質していることがありますし、使用した灯油には不純物が含まれていますからかえってフィルターを汚してしまうかもしれません。

石油タンクの内部に溜まっているゴミの掃除

手動式のポンプを使って、タンクの中の水や汚れをポンプで全部吸い出して捨てます。

冬を終えるときのファンヒーターのしまい方

 使い残った灯油を入れっぱなしのままにすると、故障の原因になりますし危険もあります。

必ずタンクの中身を空にして、別の容器に移して保管するか、少量なら新聞紙などに沁み込ませて安全に廃棄処分にしましょう。

タンクの中を空にしてから、目盛りを「強」にして空炊きします。

残った灯油を完全に燃やし切るのですが、このときに臭いや煙が出ますから、ストーブを外に出して換気を良くして空焚きしてください。

臭いがきつくなったりすると、事故の元になるかもしれないと気になります。

安全のためにも、是非簡単な掃除はするようにしましょう。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
石油ファンヒーターの臭いがする原因・メンテナンスの仕方・しまい方!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事